フォト

おすすめ本

  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 不法残留者が強盗致傷 | トップページ | 消えた「れ新」と「N国党」 »

2020年10月12日 (月)

無職の外国人がなぜ日本にいるのか?

『今年7月に岐阜県坂祝町の牧場で牛1頭を盗んだとして
窃盗罪に問われた、フィリピン国籍の無職の男2人=いずれも美濃加茂市
=の初公判が12日、岐阜地裁御嵩支部(小川貴紀裁判官)で開かれ、
2人とも「間違いありません」と起訴内容を認めた。  
冒頭陳述で検察側は、2人は同じアパートに住む親族で
犯行当時は無職だったとし「仕事がなく生活が苦しくなり、
フィリピンで家畜を育てていたことから、盗んで解体し、
食べたり売買したりしようと考えた」と指摘した。(後略)』
(岐阜新聞 10/12(月) 11:39配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a78f46e7470848a203f0e021426a7f12f10e0ee

こういうことを言うと
差別的だと批判されるかもしれないが、
そもそもフィリピンの男は
働かないのだという。

日本へは大量のフィリピン女性が
フィリピンクラブやホテルのベッドメイキング
などで働き、本国へ送金しているが、
フィリピン経済はそうした女性たちの働きで
支えられていると聞いたことがある。

まじめに働くならいざ知らず、
生活が苦しくなると、
すぐに犯罪に手を染めたり
日本の社会保障にただ乗りする外国人など
日本に来てもらっては困る。

安価に使える外国人を企業は求めているようだが、
そうした外国人の管理もしっかりするよう
国や企業には求めたい。

外国人が牛・豚・鶏などの飼育農家に侵入し、
窃盗を繰り返していると、
やがては家畜伝染病が持ち込まれ、
大量の家畜が殺処分されるなど
甚大な被害を被りかねない。

本当に外国人労働者が必要なのか、
それは日本人で代替できないものなのか、
国や企業は今一度よく考える必要がある。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 不法残留者が強盗致傷 | トップページ | 消えた「れ新」と「N国党」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不法残留者が強盗致傷 | トップページ | 消えた「れ新」と「N国党」 »