フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 大統領選後にワクチン報道 | トップページ | コロナ感染者最多更新の理由 »

2020年11月12日 (木)

KAZUYA氏とか上念司氏とか

『モリカケやっているときのサヨクをバカにして見ていた人達が、
今アメリカ大統領戦で全く同じ論法になってしまっていて悲しい
(全力で否定するだろうけど)。』
(KAZUYA氏のツイートより 午後2:36 · 2020年11月9日)
https://twitter.com/kazuyahkd2/status/1325673638989766657

米大統領選挙当日の開票速報における
トランプ氏圧倒的有利から、
一夜明けての不可解なバイデン氏の大逆転。

その後のトランプ氏の「大規模不正があった」との主張や、
SNSに投稿される不正の内部告発などを根拠に
米大統領選の問題を指摘することが、
なぜ「モリカケやっているときの左翼と同じ論法」
ということになるのだろう?

今日の「虎ノ門ニュース」でも、
上念司氏が「確実な証拠が出ていない」
「問題は裁判所が認めるかどうか」
「不正があったとしても逆転は無理」
というような主張をしておられた。
(ケント・ギルバート氏も出ておられたが、
慎重な言い回しだった)
https://www.youtube.com/watch?v=P1TBVcB_yt8

それって米マスコミと同じ主張ではないか。

これだけの大規模不正があって、
その根拠をすぐに明らかにすることは困難だし、
根拠を明らかにすることで
裁判が不利に働くこともあるだろう。

バイデンが勝利宣言をする中で、
裁判で勝つことができて、
投票結果を逆転できる見通しが明らかになるまで、
トランプが勝っていたという主張を
すべきでないというのは理解に苦しむ。

もちろん日本で騒いでいても
選挙結果に影響を与えることはできないが
今回の選挙戦における様々な外形的状況を総合して
バイデン当選に異議を唱えることに
何の問題があるのだろう?

僕には現段階でバイデン当選を認める人たちの方が、
よほど異様に思える。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 大統領選後にワクチン報道 | トップページ | コロナ感染者最多更新の理由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 なぜ、根拠が出てくるまですべきでないか? なら、モリカケも「疑惑」だけで大騒ぎすることを認めるのですか? 彼らからすれば、安倍晋三首相は「独裁者」で「隠蔽」してるのだから、証拠が出てくるまでは時間がかかるということになります。アメリカ人が…政治活動として騒ぐ分には一応の意味がありますが、日本のネット民がいくら騒いだところで意味がありません。

 米国のメディアがいつも正しいわけではありません。しかし、いつも間違っているわけでもないのです。無意識に米国のメディア、イコール間違っていると考えていませんか? 

 私はトランプを支持してましたが、現実を受け入れるべきだと思っています。まだ、かすかな希望を捨ててはいませんが……。

モリカケ騒動と今回の大統領選挙不正疑惑を同じ土俵で論じる人達がいる。
森友学園の土地不正値引き疑惑の根拠は、昭恵夫人が籠池婦人と知り合いで、
尚且つ同学園の名誉理事長だった事である。
加計学園も、安倍首相と加計理事長が友人関係であっただけである。
2件とも何もそれ以上の証拠は無く、結局疑惑の域から出なかった。
すなわち捜査に至る根拠は無かった。
今回の大統領選挙は、明らかに怪しい票の動きがあり、前代未聞の投票率や、
捨てられた投票用紙、不正が疑われる行動等その証言者もたくさんいる。
不正投票を捜査する根拠が十分過ぎるほどあるのだ。
モリカケ騒動とは状況が全く違うので、同じ論法は無理筋であろう。

コメントありがとうございます。山西様のご質問には邪馬壹国様がお答えいただいていますが、安倍総理に法的問題が全くないモリカケを騒ぎ続けることと、選挙不正という明らかな犯罪行為を同列に扱うことはできません。KAZUYA氏がなぜこんなことを言い出したのか理解に苦しみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大統領選後にワクチン報道 | トップページ | コロナ感染者最多更新の理由 »