フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 感染拡大は誰のせい? | トップページ | マスコミ民主主義を打破すべき »

2020年11月 8日 (日)

不正知りながら勝利宣言する恥知らず

『米大統領選で勝利を確実にした民主党のジョー・バイデン
前副大統領(77)は7日夜、地元の東部デラウェア州ウィルミントンで
国民に向けた演説を行い、大統領選について「確信できる勝利だ。
国民は7400万以上の票をもって当選させてくれた」と述べ、勝利宣言した。
共和党のトランプ大統領が法廷闘争による抵抗の構えを見せる中、
「選挙戦は終わった」とも強調した。(後略)』
(産経ニュース 2020.11.8 10:52)
https://www.sankei.com/world/news/201108/wor2011080029-n1.html

これまで民主・共和のどちらの候補が大統領になっても、
ディープステートの掌の上で踊っているだけだったが、
トランプという異端の大統領の出現で
その舞台裏が白日の下にさらされた。

これほど大規模な不正をやらかし、
その事実が明らかになりつつあるにもかかわらず、
勝利宣言をする(させる)恥知らずな姿勢には、
もはや怒りを通り越して呆れ果てる。

「選挙戦は終わった」とバイデンは強調したらしいが、
もし、本当にこのまま選挙戦が終わってしまったら、
米国は民主主義を放棄したことになるだろう。

民主党とメディア、そしてそのバックにいる組織は、
不正がなかったことにするために、
共和党のパペットたちにも
トランプに敗北を認めさせるよう迫っているが、
トランプはどこまで頑張れるだろう。

逆転の目はあるのだろうか?

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 感染拡大は誰のせい? | トップページ | マスコミ民主主義を打破すべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感染拡大は誰のせい? | トップページ | マスコミ民主主義を打破すべき »