フォト

おすすめ本

  • 月刊Will1月号
  • 月刊hanada1月号
  • 月刊正論1月号
  • ここまでわかった新型コロナ
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« トランプに頼り過ぎるなという意見 | トップページ | 保守界隈バイデン推しの不思議 »

2020年11月17日 (火)

バイデン勝利へ誘導したい人々

『バイデン氏の大勝が報じられているにも拘らずトランプ大統領は敗北を認めません。連邦法は選挙人投票日を「12月の第2水曜日の後の最初の月曜日」と規定しているので大統領.副大統領への選挙人投票は12月14日となります。敗北した候補の最高の演説は敗北宣言演説と言われています。そうあって欲しい。』
(甘利明氏のツイートより 11月16日)
https://twitter.com/Akira_Amari/status/1327864353513586688

「バイデン氏勝利・トランプ氏敗北」は、
米国の左翼メディアが報じているに過ぎないのに、
日本のメディアはもちろん、
自民党の重鎮までが同様の論調で発言するのは
なぜなんだろう?

米国のネオコンか、チャイナか、
どこからの指示を受けているのかは知らないが、
たかが自民党の税調会長が、
米国大統領に説教を垂れるほどの立場か。

そういえばこの男、
「女系天皇を認めるべき」というような発言も
フジテレビの番組でしていたようだ。

自民党の政治家の中にも、
外国勢力に取り込まれた人間がいかに多いかを
端的に示す事例だと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« トランプに頼り過ぎるなという意見 | トップページ | 保守界隈バイデン推しの不思議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプに頼り過ぎるなという意見 | トップページ | 保守界隈バイデン推しの不思議 »