フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« アメリカの混乱が招く世界の不安定化 | トップページ | 感染拡大は誰のせい? »

2020年11月 6日 (金)

コロナ感染者急増の謎

『6日の北海道の新型コロナウイルスの感染確認は、
5日に続いて2日連続で100人を上回り、115人となりました。
こうした状況を受け、北道道は、独自に定める5段階の警戒ステージを、
7日に予定される対策本部会議で
現在の「2」から「3」に引き上げる方針です。(後略)』
(HBC北海道放送 11/6(金) 11:18配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/158a08d1f2db953ce5b128b779488a0a1e6d3ca6

北海道でコロナの新規感染者が急増し、
日本全体でもこの2日間、
一日1,000人を超えている。

感染者が増えると、寒くなってきたからとか、
第3波がなどと騒ぐのだが、
外国人流入拡大との関連性はないのだろうか?

政府は10月から2週間待機などの条件を課し、
最大一日1,000人程度の入国枠で
全世界からの入国を緩和するとともに、
外国人留学生の入国も全面解禁した。

そして11月から中国・韓国など11か国からの
入国者の空港でのウイルス検査を不要にするなど
水際対策をさらに緩和した。

北海道では9月まで20人以下だった新規感染者数が
10月に入って30人台へと徐々に増え始め、
10月後半から40人台を超え、
11月に一気に100人台に増えた。

全国的には10月以降の極端な変化は見られないが
11月に入って明らかな上昇傾向を示している。

北海道の感染者のうち
外国人の割合はどの程度なのだろう?

それが発表されれば、
感染者の急増は意外に単純な
理由なのかもしれない。

政府はなぜコロナ感染者の外国人割合を
公表しないのか?

何がそんなに心配なのか?

僕たちは事実を知って、
コロナに備えたいだけなのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« アメリカの混乱が招く世界の不安定化 | トップページ | 感染拡大は誰のせい? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの混乱が招く世界の不安定化 | トップページ | 感染拡大は誰のせい? »