フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« アビガン承認見送りの不思議 | トップページ | ファンタジー作家の妄想 »

2020年12月22日 (火)

場当たり的な日本のコロナ政策

『イギリスで、感染力が強いとされる、
変異した新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受けて
日本政府は、24日以降日本人以外のイギリスからの入国を
一時的に停止するなど、入国制限を強化する方針を固めました。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2020年12月22日 20時36分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201222/k10012778761000.html

そもそも日本政府は、
コロナの変異種が日本に入ってこないように、
徹底した対策をとる必要があった。

イギリスからの入国停止は当然にしても、
変異した新型コロナウイルスは
イギリスで発生したものかどうかも分からないし、
もうヨーロッパ中に広がっている可能性もある。

今般の世界的なコロナ大流行を考えれば、
イギリスだけの入国停止で大丈夫なのかと思う。

そもそもコロナの発生源であり、
常に新種のウイルスを生み出してきた
感染症の宝庫ともいえるチャイナからの入国をこそ
制限する必要があるのではないか。

コロナの発生が騒がれ始めた年初から、
日本政府はチャイナからの自由な入国を
最優先してきた。

今回のイギリスからの入国制限は、
最近、高まりつつある水際対策の緩和に対する
批判を抑え込む意味もあったのだろう。

しかしながら、こうした場当たり的な対策では、
コロナを封じ込めることはできない。

コロナを封じ込める徹底した対策をとらないで、
常に日本国民の行動を制限しようとするのが
政府の一貫したコロナ政策なのである。

それにしてもいち早くワクチン接種を始めたイギリスで
コロナの変異種が見つかるというのも
どういうことなのでしょうね?

 

応援のクリックをお願いします。

 

« アビガン承認見送りの不思議 | トップページ | ファンタジー作家の妄想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アビガン承認見送りの不思議 | トップページ | ファンタジー作家の妄想 »