フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« PCR検査集計の杜撰さ | トップページ | 中国産の小豆を十勝産と偽装表示 »

2020年12月14日 (月)

どこまでも外国人を優遇する

『全日本空輸(ANA)は14日、成田空港と中国・深●(=土へんに川)とを結ぶ路線を就航した。同社での国際線の新規路線は新型コロナウイルスの感染が広がった3月以来、約9カ月ぶり。中国本土で経済活動再開の動きが強まる中、ビジネス客らの利用や電子部品などの貨物需要を見込む。(後略)』
(SankeiBiz 2020/12/14 09:17)
https://www.sankeibiz.jp/smp/business/news/201214/bsd2012140917002-s1.htm

『新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政府は12月14日、全国一斉にGoToトラベルの一時停止を行うことを決めた。12月28日から1月11日までの措置。政府の新型コロナウイルス対策本部で、菅義偉首相が表明した。(後略)』
(HUFFPOST 2020/12/14 19:12 )
https://this.kiji.is/711159022990802944?c=626016390609077345

外国人をどんどん入国させて日本国民をコロナで苦しめ、
全国一斉にGoToトラベルを停止して日本国民を経済的に殺す。

外国からの新たなウイルスが持ち込まれることで、
コロナ拡大は沈静化しないだろうし、
これでお正月の帰省客も激減するだろう。

僕には政府のやっていることが理解できない。

多くの方が指摘している通り、
外国人の入国拡大とコロナ陽性者の急増は
明らかに関連性がある。

たとえそれが疑いレベルであっても、
なぜ外国からの入国者を制限しないのだろう?

政府は7月からタイやベトナムなど7か国との
長期滞在者の往来を再開させたが、
そこでコロナ感染が拡大しなかったから、
10月からそれを全世界に広げ、
さらに11月から一部の国の入国者に対して
空港でのウイルス検査を不要にするなど
水際対策を緩和したのだ。

それで日本国内でのコロナ陽性者が急増したのだから、
普通なら外国人の入国制限を元に戻すべきだろう。

もちろん外国人にとっては、
入国条件を緩和されたり強化されたりでは
困惑するだろうが、
大切なのは日本国民の命と健康である。

そもそも慌てて外国人を入国させる必要など
何もなかったのである。

日本政府はいったい誰のための政策を推進しているのか
僕にはよくわからない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« PCR検査集計の杜撰さ | トップページ | 中国産の小豆を十勝産と偽装表示 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PCR検査集計の杜撰さ | トップページ | 中国産の小豆を十勝産と偽装表示 »