フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« チャイナの入国をまず止めるべき | トップページ | 裏が表に出てきた一年 »

2020年12月31日 (木)

感染急増は菅総理の責任

『国内の新型コロナウイルスの新規感染者は
31日午後6時時点で、初めて4000人を超えて4188人となり、
過去最多を更新した。』
(読売新聞 12/31(木) 18:16配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/8122ca15129039382f4a9581f913d21b59f4e55d

安倍政権では、何度か感染対策の
間違いを繰り返しながらも、
最終的に海外からの入国を止めることで、
感染爆発を回避することができた。

しかしながら、菅政権では、感染急増の事態にも
チャイナに最大限の配慮を示すために、
いまだに感染拡大の穴を開けたままにしている。

もし、パンデミックの事態を招いたならば、
それは菅総理の責任となる。

それを彼は自覚しているのだろうか?

親中派の二階幹事長や公明党の責任ではなく、
菅総理の愚かな失政として
後世に記憶されることになる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« チャイナの入国をまず止めるべき | トップページ | 裏が表に出てきた一年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャイナの入国をまず止めるべき | トップページ | 裏が表に出てきた一年 »