フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 中国産の小豆を十勝産と偽装表示 | トップページ | MDMA所持のベトナム人不起訴 »

2020年12月17日 (木)

G7サミットに韓・豪・印を招待

『英首相官邸は15日、2021年に議長国を務める先進7カ国首脳会議(G7サミット)に韓国とオーストラリア、インドの3カ国を招待することを表明した。ジョンソン首相が同年1月にインドを公式訪問することも発表した。アジア太平洋地域との連携を広げ、中国に対抗する狙いがあるとみられる。
首相官邸は今月15日に発表した声明で、3カ国を「志を同じくする民主主義の国々」と位置づけ「(G7加盟国とともに)共通の課題に取り組む」と強調した。(後略)』
(SANKEI NEWS 2020.12.16 08:51)
https://www.sankei.com/world/news/201216/wor2012160009-n1.html

韓国という国の実態について、
英首相はよく分かっていないのだろう。

日本から見れば、
韓国が「志を同じくする民主主義の国」とはとても思えないし、
「共通の課題に取り組む」ことができる国とも思えない。

まあ、G7という会議そのものが、
あまり意味のあるものではなくなってきているのだろうが、
それにしても韓国は呼ばない方が良い。

菅総理も頼りないし、もし米国がバイデンにでもなれば、
会議が成立するのかどうかも疑わしい。

対チャイナが中心議題のようだが、
5Gや香港問題で各国は合意できるのだろうか?

もし、合意できたとしても、
約束を平気で破る参加国の存在は、
会議そのものを台無しにしかねない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 中国産の小豆を十勝産と偽装表示 | トップページ | MDMA所持のベトナム人不起訴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国産の小豆を十勝産と偽装表示 | トップページ | MDMA所持のベトナム人不起訴 »