フォト

おすすめ本

  • 百田尚樹の日本国憲法
  • 天皇家百五十年の戦い
  • 2021年世界の真実
  • 天皇の国史

« 日本の死者数14,000人減 | トップページ | 政府が招いた緊急事態 »

2021年1月 4日 (月)

なぜ、いま緊急事態宣言なのか?

『菅義偉(すが・よしひで)首相は4日、官邸で年頭の記者会見に臨み、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言を再発令する検討に入ったことを明らかにした。具体的措置は飲食店の営業時間短縮などに限定する考えも示した。早ければ7日にも発令し、期間は1カ月程度とする方向で調整を進めている。対象地域は東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を中心に検討し、政府の基本的対処方針等諮問委員会の評価を踏まえ、首相が本部長を務める対策本部で決定する。(後略)』
(産経ニュース 2021.1.4 18:59)
https://www.sankei.com/politics/news/210104/plt2101040034-n1.html

4月の緊急事態宣言の時には、オーバーシュート、
つまり欧米のような感染爆発が起こったら大変だから、
ということが主たる理由だったように記憶する。

オーバーシュートとは、
「2~3日で累積患者数が倍増する程度の速度が
継続するような状態(ウィキペディアより)」
と定義されており、
いまは確かに感染者数が徐々に増えてはいるが、
新規感染者数ですら
2~3日で倍増する状態とは程遠い。

今回、新型コロナ新規感染者(陽性者)が
1,000人を超えたのは11月5日、
2,000人を超えたのが11月18日(13日後)、
4,000人を超えたのが12月31日(43日後)
であるが、4,000人を超えたのは
12月31日の4,521人のみで、
その後は3,000人を若干超える程度で
推移している。

結局は医療体制の逼迫が理由になるのだろうが、
これは緊縮財政により医療費を削減するため、
病床数や医師・看護師数など医療体制を
徹底的に削ってきたことによるもので、
それに対する病院側の行政に対する不信感は
根深いものがあるだろう。
(こうしたことは医療機関だけではなくて、
チャイナから日本への移転などに対する行政の要請にも
大手企業は応じなくなっており、行政と経済界の
信頼関係は、すでに失われているのである)

そもそもこの年末年始に
コロナ対応に従事していた医療機関というのは、
日本の医療機関全体の何パーセントだろう。

ほんのわずかな医療機関に
コロナ対応が押し付けられ、
そこで働く人々が地獄のような日々を
送られているのではないかと想像する。

欧米などと比べて桁違いに少ない患者数で
医療の逼迫と騒ぐこと自体がおかしいのであって、
行政はどんな手を使ってでも、
医療現場に最大限協力してもらえるように
努力すべきなのだ。
(指定感染症2類相当を、なぜ見直さないのか?)

そうした努力もせずに、
飲食店や日本国民に責任を押し付けることは、
まともな政府のとる態度ではないと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 日本の死者数14,000人減 | トップページ | 政府が招いた緊急事態 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の死者数14,000人減 | トップページ | 政府が招いた緊急事態 »