フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 新型コロナ感染者1億人突破? | トップページ | 緊急事態宣言延長へ??? »

2021年1月28日 (木)

米論文「慰安婦は性奴隷にあらず」

『慰安婦問題をめぐっては、日本軍が戦前、朝鮮出身の女性を「性奴隷」にしていたというイメージが世界に広まっている。最近、ドイツでもこうした主張に基づく慰安婦像が新たに設置された。
こうしたなか、米ハーバード大のJ・マーク・ラムザイヤー教授が、慰安婦が当時政府規制下で認められていた国内売春婦の延長線上の存在であることを理論的実証的に示した学術論文が、3月刊行予定の「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」誌65巻に掲載される。
米国の高名な会社法学者であるとともに、日本研究の大家でもあるラムザイヤー教授が、他の専門研究者の査読を経た学術論文で、「慰安婦=性奴隷」説に異を唱える議論を展開した意義は大きい。
■問題は朝鮮の募集業者にあった
教授は、いかなる対象であれ、人間は与えられた条件の下で、自らの利益を追求するという経済学の手法を用いて分析する。慰安婦もその例外ではない。
本論文では、他の研究者の業績や当時の日本・朝鮮の史料に基づき、朝鮮人慰安婦も日本人慰安婦も公認の売春婦であり、日本軍に拉致され、売春を強いられた「性奴隷」ではないこと、慰安婦をめぐる問題点は、朝鮮における募集業者にあったことが指摘されている。』
(SANKEI NEWS 2021.1.28)
https://special.sankei.com/a/politics/article/20210128/0001.html

本来この問題は、日本政府が事実関係を争うべきなのだが、
過去に日本政府が「強制連行への軍の関与」を認めたこともあり(河野談話)、
安倍政権でも事実関係は争わず、「慰安婦合意」により、
最終的かつ不可逆的な解決を確認したという経緯がある。

だから、このJ・マーク・ラムザイヤー教授の論文に対しても、
韓国政府は「でも日本政府は認めている」と反論するだろう。

昔のコマーシャルではないが、
「クサイ臭いは元から断たなきゃダメ」なのであって、
「クサイものに上からフタをした」だけでは、
ちょっとフタを開ければニオイは全世界に
広がってしまう。

もし、日本政府が「慰安婦は高給取りの売春婦に過ぎない」
という事実を主張すれば、歴史修正主義者として処断され、
世界における日本の立場は悪くなったかもしれない。

それでも、日本政府はどこかの段階で、この問題に
けりを付けなければならなかったと思う。

「慰安婦合意」で韓国が約束を守らないことは
証明できたかもしれないが、
「慰安婦問題」の根本的な解決にはならなかった。

「慰安婦合意」は韓国側から破ったのだから
もはや問題ではなく、過去の「河野談話」など
日本が慰安婦問題を認めたかのような発言は取り消し、
事実を淡々と主張してもらいたいものだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 新型コロナ感染者1億人突破? | トップページ | 緊急事態宣言延長へ??? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナ感染者1億人突破? | トップページ | 緊急事態宣言延長へ??? »