フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 時短営業の要請が招く三密 | トップページ | 中国海警武器使用容認へ »

2021年1月18日 (月)

ワクチン担当相に河野氏?

『菅首相が、新型コロナウイルスのワクチン接種を
円滑に進めるための担当大臣に、
河野太郎規制改革担当相を起用する方針を固めた。』
(FNNプライムオンライン 1/18(月) 18:31配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/ce62c4a9272250a0ac60986e8ecc09e6c58516d3

「デジタル相」もそうだったが、
「ワクチン担当相」もかなり違和感がある。

ワンイシューに一人の大臣が必要なら、
「憲法改正相」や「スパイ防止法担当相」、
「携帯料金値下げ担当相」や「NHK解体相」など、
あらゆる問題に大臣を張り付け、
スピーディな解決を図ればいいのではないか?

そもそも日本に新型コロナのワクチンは
必要ないと思っている人が多い。

日本では感染爆発は起こっていないし、
急ごしらえのワクチンは効果も確かではなく、
どんな副作用が発生するかもわからない。

しかも、日本のPCR検査では
CT値が40程度と非常に高く設定されており、
それにより人に感染させる恐れがない人まで
陽性と判断してしまっているという。
(CT値は30~35程度が適正と言われている)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65910480W0A101C2CE0000

しかも、直接の死因がどうあれ、
死者がコロナ陽性者である場合、
すべてコロナによる死者として
カウントしているそうだ。

これは全世界で行われていることだという。

つまり、コロナ感染者も、コロナによる死亡者も、
実数は極めていい加減なものなのだ。

さらに日本では、コロナの流行がありながら、
昨年の死者数が大幅に減っているのである。

発信力のある河野太郎氏を「ワクチン担当相」に付け、
一人でも多くの日本国民にワクチンを接種させよう
という魂胆なのだろうが、なぜ、それが必要なのか?

国民にはコロナに関する正確な情報を開示し、
ワクチンを接種するかしないかは、
個々の判断に任せてもらいたい。

いま国民は、政府を信用していないと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 時短営業の要請が招く三密 | トップページ | 中国海警武器使用容認へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時短営業の要請が招く三密 | トップページ | 中国海警武器使用容認へ »