フォト

おすすめ本

  • 正論4月号
  • 世界を破壊するものたちの正体
  • 月刊Will 4月号
  • 命がけの証言
  • 本当は怖くない新型コロナ
  • 天皇の国史

« ビジネス往来の実態は留学生・実習生 | トップページ | ワクチン担当相に河野氏? »

2021年1月17日 (日)

時短営業の要請が招く三密

先日スポーツジムでトレーニングをした後、
シャワールームへ行ったら、
人でごった返していた。

スタジオプログラムは
7時から7時半までのクラスで、
これまではシャワーを浴びるのに
並んだことなどなかった。

よくよく考えてみれば
僕の利用するスポーツジムでも
時短営業の要請を受け、
8時閉館となっていたのである。

これまでであれば、
確か夜11時までやっていたと思うので、
3時間の短縮営業となる。

シャワーを待つ間、
ハダカの男たちが肌を触れ合うような距離で、
10分くらい待たされたのである。

僕はシャワーで待たされるとは
思っていなかったので、
マスクもしていなかった。

マスクをせずに話をしている者も
数人いて、僕はタオルで口を押さえ、
何とかその時間をやり過ごした。

入館時にはマスクをし、手をアルコール消毒し、
さらに検温してからチェックインし、
トレーニング中もずっとマスクをし、
ソーシャルディスタンスを守っているのに、
最後にマスクもせずにハダカの三密状態では
すべてが水の泡である。

しかしながら、時短営業の要請により
多くの人が最終8時に帰宅することで、
三密を招くケースというのは
他にもあるのではないか?

もちろん政府は、出勤者の7割削減など、
国民に外出するなと言っているのだから、
時短営業による三密など想定外だろう。

それにしても、コロナ禍で
超過死亡が激増している世界にあって、
逆に世界一死亡者数が減っている日本が、
なぜ経済に大きな打撃を与える
時短営業などをやっているのか?

その原因が東京都をはじめとする都府県が、
第二波の収束に伴い重傷者病床を
削減したことにあるとみんなが知れば、
さすがに穏やかな日本国民でも
黙ってはいないだろう。

そもそも今回の緊急事態宣言では、
人通りの多い場所での人の流れは
あまり減っていないという。

これは慣れでも気の緩みでもなく、
政府のやることに納得できるか否か
の問題だと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« ビジネス往来の実態は留学生・実習生 | トップページ | ワクチン担当相に河野氏? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビジネス往来の実態は留学生・実習生 | トップページ | ワクチン担当相に河野氏? »