フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 国民に情報を与えないコロナ政策 | トップページ | リバウンド可能性のバカ発言 »

2021年2月21日 (日)

実感も実態もない緊急事態

最近は、新規感染者数が何人などと
あまりマスメディアは
騒がなくなったのだろうか?

都内の病床逼迫も耳にしなくなってきたが
それでも緊急事態宣言は続いている。

東京都の新規感染者数は今日21日時点で272人と
1月7日の2520人から約9割減だ。

入院患者数はピークの3427人から2035人と約4割減、
重症患者数はピークの160人から82人と約5割減で、
いずれも大きく減少している。

新規感染者が激減しているので、
入院患者数や重症患者数も
今後、さらに急減していくだろう。

これまで何やら無理筋の理由をつけて
緊急事態宣言を続けてきたが、
今も解除しない理由を説明してもらいたい。

その昔、小泉純一郎氏は
「自民党をぶっ壊す」と言ったが
東京都のKBBは、
日本をぶっ壊そうとしているのではないか?

PCR検査のCT値を40~45に設定して
偽陽性で大きく水増しされた「感染者数」と、
指定感染症2類相当(実質1類扱い)で
無症状者まで隔離することによって
無理やり発出された緊急事態宣言。

もう、いい加減にしてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 国民に情報を与えないコロナ政策 | トップページ | リバウンド可能性のバカ発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民に情報を与えないコロナ政策 | トップページ | リバウンド可能性のバカ発言 »