フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 8日連続前週同曜日を上回る | トップページ | 「行動変容」の意味するもの »

2021年3月17日 (水)

宣言解除への判断の根拠

『菅総理は17日、1都3県への緊急事態宣言について、
「21日に期限を迎える緊急事態宣言については解除する方向で、
あすの専門家委員会の先生方に意見を伺った上で
判断をしたい」と述べた。』
(ANNニュース3/17(水) 19:17配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/3c9f04ca2207603e6e778f50f8c3ef50876003ca

21日に緊急事態宣言を解除するのは
当然のことではある。

では、なぜ前回の3月7日に解除せず、
3月21日に解除するという判断をしたのか
について考えてみたい。

3月7日に解除しないことを決めたのが3月5日で、
3月21日解除の方向を決めたのが3月17日である。

それぞれの日の新規陽性者数を比べると
東京  5日301人 17日409人
神奈川   131人     93人
埼玉     90人    132人
千葉    137人     91人
となる。

東京と埼玉で若干増加の傾向が窺われるが、
総じてみれば横這いだ。

菅総理は、前回との違いを問われ、
前回は病床使用率が約50%で、
病床逼迫の状況にあったことを
理由にあげていた。

50%を病床逼迫とする判断にも疑問を覚えるが、
新規陽性者がピークから80%も減少していたのだから、
その後、病床が空いてくるのは馬鹿でもわかるだろう。

東京の小池知事に至っては、
新規陽性者140人(7日間平均)を
解除の目安としていたのだから
まだ解除目安の2倍以上なのである。

前回の宣言延長が正しいとすれば、
今回の解除はおかしいし、
今回の解除が正しいとすれば、
前回なぜ解除しなかったのか
ということになる。

僕には前回の再延長が、
菅総理と小池都知事の政治的駆け引きでしか
なかったように思えるのだ。

そんな下らないことで
1都3県の都民県民の行動が
2週間も制限されたのである。

僕には、このままこんなことを
許していいとはとても思えない。

ふざけるのもいい加減にしろと
言いたいのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 8日連続前週同曜日を上回る | トップページ | 「行動変容」の意味するもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8日連続前週同曜日を上回る | トップページ | 「行動変容」の意味するもの »