フォト

おすすめ本

  • 月刊hanada11月号
  • 月刊正論11月号
  • 月刊will11月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« 千葉・神奈川・埼玉もまん延防止へ | トップページ | 大阪最も多い土曜日に陽性減る »

2021年4月16日 (金)

無意味な知事のテレビ会議

『東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏4都県の知事は16日夜、
新型コロナウイルスの対策を話し合うテレビ会議を開き、
「都県境を越える移動は生活に必要な場合のみ」などとする
共同メッセージをまとめた。都県民に対し、「飲食店のカラオケ利用」
や「路上飲み」を控えることも求めた。(後略)』
(朝日新聞デジタル 4/16(金) 21:01配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/14c2df18cd1cabaf3329506ca5bfe26e93a2f797

「県境を越えるな」「飲食店のカラオケ利用は控えよ」
「路上飲みをするな」など、エビデンスを示すことなく、
目新しくもない、思い付きの対策を押し付けることに
何の意味があるのだろう?

こんな共同メッセージを出されて、感心する都民・県民は
一人もいないのではないか?

こんなことよりも、これまでの対策で何が最も効果を
上げたのかを数字で示してもらいたい。

飲食店の閉店時間を9時にしたり8時にしたりすることで
どのような違いがあったのかも、ぜひ知りたいところだ。

この4都県の知事たちは、
「緊急事態宣言」を明確な理由を示さず意味なく引き延ばし、
今回の「まん延防止等重点措置」は「緊急事態宣言」の解除時と
ほとんど変わらない感染者数で要請したのである。

とにかく都民・県民の移動の自由を奪うことばかりに熱心で、
都民・県民の暮らしや経済的影響には関心がなさそうだ。

もはや新型コロナの恐怖を煽るだけでは
納得は得られない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 千葉・神奈川・埼玉もまん延防止へ | トップページ | 大阪最も多い土曜日に陽性減る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千葉・神奈川・埼玉もまん延防止へ | トップページ | 大阪最も多い土曜日に陽性減る »