フォト

おすすめ本

  • 月刊hanada11月号
  • 月刊正論11月号
  • 月刊will11月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« 東京はや「まん延防止」へ | トップページ | 新型コロナ感染症の闇 »

2021年4月 9日 (金)

ステージと感染実態の乖離

昨日の記事に間違いがあったので、
そのことについて。

僕は今の東京が「ステージ3とはとても思えないし、
局地的・急速に広がっているとも思えない」と書いたのだが、
驚くことに今の東京はステージ3らしい。

政府の分科会がまとめた感染状況の指標は、
ステージ1 感染者の散発的発生
ステージ2 感染者の漸増
ステージ3 感染者の急増
ステージ4 爆発的な感染拡大
となっている。

昨日までの1週間平均の陽性者数が427人、
その前の1週間平均が372人、
増加率は15%で、この程度を感染者の急増とは
呼ばないだろうと僕は思ったのである。

ところがステージ3および4の要件は、
直近1週間の感染者数が先週1週間より多いこと、
10万人当たりの新規報告数が1週間で
15人以上(ステージ3)
25人以上(ステージ4)
ということらしい。

つまり、ある一定の感染者数であれば、
直近1週間が先週1週間よりわずかでも
上回っていれば(それが1人でも)
ステージ3(感染者の急増)または
ステージ4(爆発的な感染拡大)
になるということなのだ。

直近1週間が先週より1人増加して(合計7人)、
感染者の急増と、ふつう言いますか?

僕には政府の分科会の人々の考えが
よく分からないし、
日ごろ発言されていることも
理解できない。

よく行く日本料理屋のおかみさんが
「またかぁ~」と嘆いておられた。

スポーツジムもまた8時までの営業に
戻るのだろうか?

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 東京はや「まん延防止」へ | トップページ | 新型コロナ感染症の闇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京はや「まん延防止」へ | トップページ | 新型コロナ感染症の闇 »