フォト

おすすめ本

  • 月刊hanada11月号
  • 月刊正論11月号
  • 月刊will11月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« 吉村知事の給与カット自慢は醜悪 | トップページ | 奪われゆく自由 »

2021年4月 5日 (月)

枝野暫定内閣(笑)を主張

『立憲民主党の枝野幸男代表は2日午後の記者会見で、
菅義偉内閣の新型コロナウイルス対応を批判し、
「一刻も早く退陣していただきたい」と述べた。
ただ、衆院選を実施できる状況にはないとして、
現行の衆院勢力のままで立民を少数与党とする
「枝野内閣」を暫定的に組閣し、秋までに行われる
次期衆院選までの間の危機管理にあたることが望ましい
との持論を打ち上げた。(後略)』
(SANKEI NEWS 2021.4.2 18:23)
https://www.sankei.com/politics/news/210402/plt2104020030-n1.html

絶望的な支持率で、選挙には絶対勝てない
立憲民主党の枝野代表が、
少数だけど有能な我々立憲民主党に
政権をよこせと言い出した。

「立憲」主義も「民主」主義も放り出し、
権力さえ奪取すれば何とかなるとでも
思いついたのだろうか?

趣味の官僚いじめと与党のスキャンダル追及、
審議拒否に明け暮れているため、
国民から支持を得られるわけがなく、
それでも「あの暗黒政権をもう一度」と
少数与党の暫定政権を叫び出したのだろう。

菅内閣のコロナ政策を批判しているようだが、
彼らの政策は「zeroコロナ」であって、
「コロナウイルスはゼロにはならない」と
突っ込まれると「zero」はゼロではなく
限りなくゼロに近づけることと苦しい説明。

どうせ有益なことは何も考えられず、
何もできない政党なのだから、
次の選挙で立憲民主党の存在自体を
「zero」にしてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 吉村知事の給与カット自慢は醜悪 | トップページ | 奪われゆく自由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉村知事の給与カット自慢は醜悪 | トップページ | 奪われゆく自由 »