フォト

おすすめ本

  • 月刊hanada11月号
  • 月刊正論11月号
  • 月刊will11月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« ど素人が搔き回すコロナ騒動 | トップページ | 大阪924人感染月曜日では最多 »

2021年4月25日 (日)

大阪はすでにピークアウト?

大阪の新規陽性者数は、
4月13日に1000人を超え、
4月21日の1242人をピークに減少に転じ、
今日25日は1050人となっている。

こうした状況を見て、
僕も大阪はピークアウトしたのではないか
と思っていたのだが、
ニューソク通信の須田慎一郎氏の番組に
京都大学准教授の宮沢先生が出演され、
分かりやすく説明しておられた。
https://www.youtube.com/watch?v=ojV3sxmzjTA

僕らが毎日見ている陽性者数のグラフは
報告日別の陽性者数であり、
それはだいたい2週間前の感染状況を
反映しているという。

つまり感染してから報告するまで
2週間程度のタイムラグがある
ということのようだ。

一方、大阪が提供している情報の中には
「発症日別の陽性者数の推移」と
「新型コロナ受診相談センターへの相談件数」
というグラフがある。
https://covid19-osaka.info/

発症日というのは感染して6日程度が
経過していると推定され、
受診相談センターへの相談も
発熱するなどの体調の変化により行われるから、
これも同様に感染後6日程度
経過していると推定される。

これによると、4月12日をピークに
いずれも減少に転じており、
「発症日別の陽性者数の推移」では
4月12日に898件あったものが
4月21日には72件まで減少している。

また、「新型コロナ受診相談センターへの
相談件数」では、
4月12日に2798件あったものが、
4月18日には1315件まで減少し、
4月22日には1580件に微増している。

これら2つのグラフから、
大阪での感染者数は発症日で4月12日、
感染日は4月6日(推定)がピークであったと
考えられるのだ。

さらに驚くべきことに
大阪府の専門家会議の資料にも
同様のデータが示されているという。

では、なぜピークアウトを知りながら
緊急事態宣言が出されたのかという疑問を抱くが、
新型コロナにはそのような様々な闇が
広がっているのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« ど素人が搔き回すコロナ騒動 | トップページ | 大阪924人感染月曜日では最多 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ど素人が搔き回すコロナ騒動 | トップページ | 大阪924人感染月曜日では最多 »