フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« なぜ減ったと言わない? | トップページ | 大阪の問題は病床を増やさなかったこと »

2021年5月 6日 (木)

今回の宣言延長はワクチンのため?

『緊急事態宣言の延長が決定的となる中、
東京都内では、ある異変が相次いだ。
都内の固定電話につながりづらくなるという事態。
その要因とみられているのが、ワクチン接種の予約。
東京都では6日、北区・江戸川区・江東区・足立区などで、
ワクチン接種の電話予約が始まった。(後略)』
(FNNプライムオンライン 2021年5月6日 木曜 午後6:26)
https://www.fnn.jp/articles/-/179051?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink

今日の大阪の新規陽性者数は747人で、
前週木曜日(4月29日)の1171人を
424人も下回った。

これで4日連続前週同曜日を
下回ったことになる。

一方、東京の新規陽性者数は591人で、
500人台といえば第3波が収束し、
緊急事態宣言が解除されたときと
あまり変わらない。

にもかかわらず、
大阪・東京などの緊急事態宣言を
今月末まで延長することを
政府は決めたという。

緊急事態の定義とは
何なのだろうと思いながら、
上記の記事を見つけて
「ああ、そういうことか」
と思った次第である。

欧米ではワクチン接種が進んでいるが、
フランスではワクチンを打ちたがらない人が多い
というニュースを数日前に見た記憶がある。

現在、国民100人当たりの接種回数は、
イスラエル 115.7回
英国  75.4回
米国  74.6回
ドイツ  37.9回
イタリア  35.8回
フランス  34.0回
韓国  7.4回
日本  3.0回
となっており、英米とその他欧州の国、
さらに東アジアとは大きな差がある。

これまで日本はワクチンが来ない
ということで言い訳ができたが、
今後ワクチンが届いても接種が進まない
ということがあると困るのだろう。
(日本ではワクチンを必要とするような
大流行ではないのだが…)

そこで、ワクチンの副反応や
ワクチン接種による死者といった
ネガティブな話題を掻き消すような
感染拡大による恐怖を煽る情報で
埋め尽くしたかったのではないか?

ワクチンを接種する、しないは任意ではあるが、
その副反応や将来的な健康への影響に関する情報が
十分に提供されているとは思えない。

接種される方は、ネットや本などで
ウイルスや感染症に関する専門家の意見を
十分に検討し、納得したうえで
決められることをお勧めしたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« なぜ減ったと言わない? | トップページ | 大阪の問題は病床を増やさなかったこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ減ったと言わない? | トップページ | 大阪の問題は病床を増やさなかったこと »