フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 国家崩壊 | トップページ | 日本のコロナはさざ波という事実 »

2021年5月11日 (火)

助かる人も死んでいく大阪・兵庫

『3月からの新型コロナウイルス感染の「第4波」で、大阪府と兵庫県で少なくとも計38人が自宅での療養中などに死亡したことがわかった。
大阪府は10日、感染判明後に自宅で死亡した人数を集計して発表した。3月1日以降に自宅で亡くなったのは17人で、うち自宅療養中が9人、入院先や宿泊療養先の調整中が6人、保健所が意向確認などの連絡をいれる前に死亡したのが2人だった。第3波までは自宅での死亡例は1人だった。
兵庫県では少なくとも4月以降、21人が自宅で死亡していたことが、県などへの取材でわかった。21人は本人の希望や入院先が見つからないなどの理由で自宅で療養していた。
自宅療養中や入院先などの決定を待つ人は大阪府で1万7806人(10日現在)、兵庫県で3608人(9日現在)に上る。医療機関に入院できる感染者は大阪府が10%、兵庫県が15%にとどまっている。』
(読売新聞オンライン 5/10(月) 22:22配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/389b01fe4b215cb56afb65abc9dd2f446a04647d

この読売新聞の記事が事実であれば、
とんでもない話だ。

大阪で第3派以前に自宅で亡くなった人が1人なのに、
3月以降は17人も亡くなっているという。

さらに兵庫県では4月以降に21人もの人が
自宅で死亡していたようだ。

病状が悪化していくのに治療も受けられず、
苦しみながら死んでいくというのは
何とも残酷な話。

そうした自宅療養中や入院を待つ感染者が大阪で17806人、
兵庫で3608人もおり、医療機関に入院できる感染者は
大阪でわずか10%、兵庫で15%だという。

世界的にみて感染者数が少なく、
病床数が最も多いと言われる日本で
なぜこんなことが起こるのか?

行政の怠慢以外に何が考えられるだろう?

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 国家崩壊 | トップページ | 日本のコロナはさざ波という事実 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国家崩壊 | トップページ | 日本のコロナはさざ波という事実 »