フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 英国の第3波が意味すること | トップページ | コロナ療養中に韓国人逃走 »

2021年6月30日 (水)

世界の平和と安定を乱す国

『中国共産党創建100年の記念日となる7月1日を控え、自民党が二階俊博幹事長の名義で中国側に電報を送ったことが30日、分かった。中国側から依頼があり、外交儀礼を踏まえて応じた。党幹部が明らかにした。
党関係者によると、電報には、日中両国が東アジア地域の平和と安定への責任を果たすことや、国際社会の期待に応えることの重要性について盛り込んだ。(後略)』
(THE SAKEI NEWS 2021/6/30 18:54)
https://www.sankei.com/article/20210630-34NN76HVUROD7N7XSLIKOP5LP4/

自民党はなぜ媚中派の二階を
叩き出せないのだろう。

二階が幹事長でいる限り、
彼の行動は自民党の総意と
見られても仕方がない。

中国共産党創建100年の記念日への祝電で、
『日中両国が東アジア地域の平和と安定への責任を果たすことや、
国際社会の期待に応えることの重要性について盛り込んだ。』
と言うが、世界の平和と安定を乱している中共と、
いかにして東アジア地域の平和と安定を実現し、
国際社会の期待に応えようというのか?

これでは日本がチャイナの側につくと
世界に宣言しているようなものだ。

政治家も、官僚も、経済界も、
チャイナとは切っても切れない関係に
あるようである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 英国の第3波が意味すること | トップページ | コロナ療養中に韓国人逃走 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英国の第3波が意味すること | トップページ | コロナ療養中に韓国人逃走 »