フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« お酒は7時頃から飲み始めるものでは… | トップページ | 吉村知事の飲酒を制限する理由 »

2021年6月19日 (土)

ワクチンは変異株にも効くのか?

欧米の新型コロナ感染爆発は、
ワクチンの効果で収束に向かいつつある
と言われていたのだが、
英国ではインド株の流行により
再び感染が拡大している。

一時は新規陽性者が約2,000人にまで
減少したのだが、
7月17日には10,000人を超えた。

英国の人口は日本の約半分で、
日本の新規陽性者数の最多が7,955人だから、
10,000人超というのは、なかなかの数だ。

もし、ワクチンがある種の変異株に
効かないとすれば、
米国や他の欧州の主要国でも
感染が再拡大しそうなものだが、
今のところその気配はない。

英国では、これまでに人口の61%にあたる
4,100万人以上が1回目の接種を終え、
45%にあたる3,000万人近くが
2回目の接種も完了しているという。

そもそもワクチンが変異株に効かない
という声は当初より囁かれており、
英国のケースがそれにあたるのでは
と思わないでもない。

しかしながら、「ワクチン未接種か
1回接種者が重症化している」との報告もあり、
ワクチンが感染を防ぐのではなく
重症化を防ぐのだという意味からすると、
ワクチンは効いているということになる。

いずれにしても、英国と他の欧米諸国との違いは
気になるところだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« お酒は7時頃から飲み始めるものでは… | トップページ | 吉村知事の飲酒を制限する理由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お酒は7時頃から飲み始めるものでは… | トップページ | 吉村知事の飲酒を制限する理由 »