フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 新規陽性者98人でも宣言再延長 | トップページ | 進まないコロナ治療薬承認 »

2021年6月 1日 (火)

このニュースは事実なのか?

『神戸市は、新型コロナウイルスの英国型に別の変異が加わった新たな変異ウイルスが確認されたと発表しました。神戸市によりますと、5月17日に神戸市内で感染が分かった50代の男性から、新たな変異ウイルスが見つかりました。この変異ウイルスは感染性と重症化リスクの高い英国型の「N501Y」変異に、ワクチンや抗体医薬の効果を弱める可能性がある「E484Q」変異が加わったものです。インド型やベトナム型とも異なる変異で、日本国内で確認されるのは初めてだということです。男性は軽症で自宅療養となり、すでに療養期間を終えています。男性の濃厚接触者は全員陰性だということです。』
(カンテレ 6/1(火) 17:49配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/755780d7487b081e74a912cf220916c6ef7c9e7e

このニュースでは、新たな変異ウイルスが見つかり、
それが『感染性と重症化リスクが高く、
ワクチンや抗体医薬の効果を弱める』ことを、
ほぼ断言している。

にもかかわらず、『男性は軽症で自宅療養となり、
男性の濃厚接触者は全員陰性』だという。

もし、この変異ウイルスが、神戸市が発表するほど
恐ろしいものならば、男性は重症化し、
濃厚接触者に感染が広がっていなければ
おかしいはずだ。

英国型も、インド型も、
感染力が強く、速やかに感染が広がったことで
注目されたのである。

新たな変異株が見つかったというだけで、
『感染性と重症化リスクが高く、ワクチンや抗体医薬の
効果を弱める』というウイルスの特性まで
分かるものなのだろうか?

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 新規陽性者98人でも宣言再延長 | トップページ | 進まないコロナ治療薬承認 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新規陽性者98人でも宣言再延長 | トップページ | 進まないコロナ治療薬承認 »