フォト

おすすめ本

  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 月刊will10月号
  • 月刊正論10月号
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月31日 (土)

コロナ陽性者数は自然に減少する

『NNNのまとめによりますと、全国の新型コロナウイルスの新たな感染者は、31日午後6時30分までに1万2248人確認されました。30日の1万743人を上回り、4日連続で過去最多を更新しています。 また、感染者が1万人を上回るのは3日連続で、初めて1万2000人を超えました。(後略)』
(日テレNEWS24 7/31(土) 18:38配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/a664d2bde8117b9f24e313dd4eb4fe6342ce580b

日本の新型コロナ新規陽性者数は、
ついに12,000人を超えたが、
デルタ株により一足早く新規陽性者数が急増した英国では、
規制をほぼすべて撤廃したにもかかわらず、
7月17日の53,969人をピークに減少に転じた。

7月30日には29,213人となり、
ピークの約半数に急減している。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/world-data/

このように新型コロナは何も対策をしなくても、
あるところまで増えたら自然に減少していく。

日本のこれまでのケースでも、新規陽性者数は
緊急事態宣言発出前にピークアウトしており、
「何のための緊急事態宣言か?」
という声が多く聞かれていた。

いい加減に「最多!最多!」と
不安を煽るバカげた報道を続けるのではなく、
新規陽性者数、重症者数、死亡者数の推移と、
病床の使用状況などを正確に伝え、
世界の情勢も含めた専門的分析を
伝えてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

日本が緊急事態でない理由

『大阪市の松井一郎市長は30日の記者会見で、大阪府などに新型コロナ対応の緊急事態宣言が出されても、8月に予定されている市立中学校4校の修学旅行は実施すると表明した。出発前に生徒全員にPCR検査を行い、陰性が確認された人が参加する仕組みとする。「感染者がいなければオリンピックもやっている。一生の思い出に残る行事は実施したい」と述べた。(後略)』
(朝日新聞デジタル 7/30(金) 17:55配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/788a8ed4e5e680919aa666826075a95f4f7eef2e

もし、東京をはじめとする日本の各都市が
緊急事態であれば、
五輪は開催できないし、修学旅行だって
実施できないはずだ。

でも、東京五輪が無観客ではあれ開催されており、
大阪市では中学校の修学旅行が実施予定なのは、
誰も緊急事態だとは思っていないからである。

緊急事態とは、飲食店でお酒の提供を禁じたり、
営業時間を短縮することではないだろう。

つまり、「緊急事態宣言」とは、責任ある立場の人が
責任を問われないための方便なのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月30日 (金)

軽症・中等症入院患者とは何か?

『東京都は29日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。専門家は「経験のない爆発的な感染拡大」に向かっていると強調。医療逼迫(ひっぱく)への強い懸念も述べた。小池百合子知事ら都幹部はこれまで、重症者数などを根拠にまだ逼迫には達していないとしてきたが、認識の差が露呈した格好だ。(後略)』
(JIJI.COM 7/29(木) 17:35配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/55386317f6d8806c4af85236e0e21137d3ce71f9

相変わらず専門家は、素人のようなこと
ばかり言っている。

記事の中で、入院患者はこの1カ月で倍増した
とも書いているが、
3039人の入院患者のうち、重症者は81人。

入院患者の大多数は軽症・中等症の患者たちだ。

個人的な話になるが、僕も十年以上前に
肺炎で苦しんだことがある。

風邪気味で、滅多に出ない熱が出て、
近所の個人病院で見てもらったら肺炎だった。

10日間ほど自宅で療養していたのだが、
症状はどんどん悪くなるばかり。

一人住まいだったのでコンビニに行こうとして、
10メートルも歩いたら呼吸が苦しくなって
歩けないほどで、夜、寝る前に熱を測ると
40度を超えた。

個人病院では手に負えないということで、
入院施設のある病院を紹介してもらい
入院することになったのだが、
レントゲンを撮って医者が最初に発した言葉は、
「これはひどいですね」だった。

結局、その肺炎は細菌性のものだったのだが、
個人病院でもらっていた薬が、
それに対応したものではなかったようで
全く効かない薬を飲まされていたのである。

入院して1週間程度で退院したのだが、
ここで僕が言いたかったのは、
普通なら軽症や中等症では
入院などしないということなのだ。

しかしながら、新型コロナは隔離を必要とする
指定感染症の2類相当(1類扱い)に分類されているため、
隔離のための入院が必要なわけである。

つまり、入院患者の大多数が、
本来なら入院の必要がない人なのだ。

もちろん、無症状者や軽症者は
ホテルや自宅などでの療養も可能とされているが、
病院が空いている場合は軽症者でも入院させる
ということが行われているようである。

これが医療逼迫の実態なのだ。

サーズやマーズなどと同じ2類扱いを止め、
インフルエンザと同じ扱いにすれば、
医療逼迫など起こりようもない。

今回はインド株により感染者が急増しているのだが、
一般的に感染症は感染力が強くなると、
症状は弱くなっていくといわれており、
それは今回、重症者や死者が増えていないことでも
裏付けられるだろう。

専門家には、こうしたことを詳しく説明して
もらいたいものである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月28日 (水)

日本のコロナ最多を世界と比べると

『国内で28日、新たに9583人の新型コロナウイルス感染者が確認され、過去最多を更新した。首都圏1都3県で60%近くを占めた。感染力の強いインド由来の変異株(デルタ株)が首都圏を中心に猛威を振るっており、緊急事態宣言後も感染拡大が止まらない。東京五輪や夏休みの期間中、人の動きが活発になり、さらに感染者が増えるとの見方もある。
政府対策分科会の尾身茂会長は28日の衆院内閣委員会で、東京都の感染拡大に関し「人流や接触機会は宣言が出て徐々には減っているが、期待されるレベルには至っていない。医療の逼迫が既に起き始めているというのがわれわれの認識だ」と述べた。
(KYODO 7/28(水) 18:27配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/97c68850a75822f0d7b0c4500031c080ca6a7607

ここ数日、日本のコロナ陽性者が「過去最多」と
マスメディアが大喜びで騒いでいるが、
世界各国と比べるとどのくらい大変な事態なのだろう。

〈新型コロナ新規陽性者数最多/日の世界比較〉
日本   9,583人(7月28日)
米国  300,462人(1月2日)
インド 414,188人(5月6日)
ブラジル100,158人(3月25日)
ロシア 29,499人(12月24日)※2020年
フランス117,900人(4月11日)
イギリス 68,053人(1月8日)
※韓国   3,261人(7月27日)
※台湾    635人(5月26日)

上記のように他地域では日本より桁違いに多い
新規陽性者数を記録しており、
日本の「最多」は比較にならないほど少ない。

しかしながら東アジアに限ると、
韓国や台湾と比べ日本の最多感染者数は多く、
感染予防対策が不十分なのではないかと
懸念される。

まあ、それにしても現在の状況は
尾身茂氏が言うような医療逼迫が起こるほどの
新規陽性者数ではない。

高齢者へのワクチン接種が進み、
重症患者数、死亡者数ともに減少している。

この程度の新規陽性者数で
医療逼迫だと騒いでいるような
厚労省、分科会、医療機関の無能ぶりをこそ
我々は問題にすべきだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月27日 (火)

陽性拡大で五輪中止の意味不明

『東京都の新型コロナウイルス新規感染者が2848人で過去最多となったことについて、菅義偉首相は27日、首相官邸で開いた関係閣僚会合後、記者団に「30代以下が約7割を占めている。40代、50代の中で入院が増え、デルタ株の割合も急速に増加している。まずは4連休含め現状分析をしていく。さらに各自治体と連携しながら強い警戒感を持って感染防止にあたっていく」と述べた。さらに「国民の皆さんにおかれましては、不要不急の外出は避け、オリンピック・パラリンピックはテレビ等で観戦をしてほしい」と述べた。東京オリンピック・パラリンピック中止については「人流(人の流れ)も減っていますし、ありません」と否定した。』
(毎日新聞 7/27(火) 18:36配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3bcf14710f01d8ad947035e05161f938e803f21

新型コロナ新規陽性者数の急増を受けた総理会見で、
記者がしきりに五輪の中止について聞いていたが、
無観客の五輪で、選手・関係者の間に感染が拡大
しているわけでもないのに、
なぜ五輪を中止する必要があるのだろう?

本当に反日メディアの記者というのは
始末に負えない。

チャイナから東京五輪を潰せという
指令を受けているのかどうか知らないが、
反日野党、反日メディア、特亜、ロシアなどが、
東京五輪に難癖をつけ続けている。

新規陽性者は急拡大しているが、
重症者数は最も多かった1月20日の160人と比べて
今日は82人と、まだ半数ほどだ。

コロナによる死者数に至っては、
東京の最新1週間の発表で

7月24日 1人
7月23日 0人
7月22日 0人
7月21日 0人
7月20日 0人
7月19日 1人
7月18日 0人
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

と、ほぼ死者は出ていない。

コロナの無症状者や軽症者がいくら増えようと、
それほど騒ぐようなことではないだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

体操ニッポン大接戦の銀

『体操ニッポン連覇ならず、惜しくも銀―。3大会ぶりに金メダルを奪還した2016年リオデジャネイロ五輪から5年。橋本大輝(19)=順大、萱和磨(24)=セントラルスポール、谷川航(25)=同、北園丈琉(18)=徳洲会=で臨んだ平均年齢21・5歳の初出場4人衆が全力の演技で「銀」をつかんだ。金メダルはロシア・オリンピック委員会(ROCK)で得点262・500、日本は262・397。わずか0・103の差だった。(後略)』
(中日スポーツ 7/26(月) 23:47配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/1e9b7d5e75d3fc6d06471ce1d4be8576cf898aef?tokyo2020

今日の日本は、柔道男子73キロ級や卓球の混合ダブルス、
スケボー女子ストリートなど多くの金メダルを獲得したが、
銀ではあったけれど体操男子の頑張りには目を見張った。

特に日本の最後の演技者・橋本大輝の鉄棒は
圧巻だった。

ロシアがトップで、2位がチャイナ、
日本が僅差の3位で続いていたのだが、
最後の種目が日本とチャイナは鉄棒、ロシアは床運動で、
各国2人の演技が終わった段階では、
順位に変動はなかった。

3人目のチャイナの演技が終わり、
日本の最終演者・橋本大輝が難度の高い演技構成を
ほぼ完璧に決めた段階で、
チャイナを抜いたことは分かった。

そして、ロシアの最終演技者の床運動が
大きなミスなく終了。

さすがに逆転までは難しいかと思われたのだが、
最終的な点差は0.103点差まで迫っていた。

日本の演技で特徴的だったのは、
橋本大輝(19歳)、北園丈琉(18歳)といった若手が、
極めて難易度の高い技に挑戦し、
それを見事に演じ切っていたことだ。

それは、これまで内村航平が引っ張ってきた日本の体操を、
さらに一歩レベルアップさせたものだった。

体操ニッポンの新たな黄金時代を予感させる、
そんな輝かしい銀メダルだった。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月25日 (日)

なでしこジャパンBLMに賛同?

『札幌ドームで24日に行われた東京オリンピックのサッカー女子1次リーグ日本―英国戦で試合開始直前、両チームの選手全員がピッチに片膝をつき、人種差別への抗議の意思を表した。
昨年5月に米国で起きた白人警察官による黒人男性の暴行死事件を機に広がった「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ、BLM)」運動への共感を示す意味があり、英国は21日のチリ戦でも実施した。日本の熊谷紗希主将(バイエルン・ミュンヘン)は「(英国側から)やると聞いた。チーム全員で話し、人種差別について考えるきっかけになった。英国のアクションへのリスペクト(敬意)の意味もあって、やろうと決めた」と説明した。
今大会は表彰式や競技会場での政治的、宗教的、人種的な宣伝活動について、一定の条件下で表現することが可能になった。』
(毎日新聞 2021/7/24 22:45)
https://mainichi.jp/articles/20210724/k00/00m/050/367000c.amp

こういうことをその場のノリで、
やってしまうものだろうか?

英国がやるから日本もやるというのは、
あまりにも安易過ぎないか?

誰か止める人はいなかったのかと
残念である。

記事の最後に『今大会は表彰式や競技会場での
政治的、宗教的、人種的な宣伝活動について、
一定の条件下で表現することが可能になった。』
と毎日新聞は書いているが、事実だろうか?

五輪で『政治的、宗教的、人種的な宣伝活動』
が可能となれば、そこには何らかの軋轢が
生まれるだろう。

「平和の祭典」というのが
もはや建前に過ぎないとしても、
その建前を守り続けることにも
意味はあると思うのだが…。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月24日 (土)

開会式は意味不明のドタバタ劇

東京五輪の開会式は、
五輪開催に至るまでのドタバタ劇を
象徴するようなものだった。

花火ばかりが景気よく打ち上げられ、
内容は現在の日本の状況を表すように一貫性がなく、
何を伝えたいのかよく分からない。

日本の芸人たちによる小芝居が、
世界に通用するとでも思ったのか?

現場はみんな頑張っているのだろうが、
全体を統括する責任者不在の空虚感。

クライマックスは、
天皇陛下が立って開会を宣言されている隣で、
座ったままの総理大臣と東京都知事。

緊張感に欠けるというよりも、
心ここにあらずという感じ。

まあ、これが現在の日本の姿なので
仕方がないのだろう。

開会式の担当だったMIKIKO氏が
IOCとJOCに素晴らしいプレゼンをしたのに、
突如解任され、電通がぶち壊しにしたという。
https://www.moeruasia.net/archives/49683264.html

足の引っ張り合いだけをやっているんですね。

政治も、五輪も。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月23日 (金)

東京のどこが緊急事態か?

ここ1週間の東京都のコロナ重症者数・死者数
の推移をみると…

〈重症者数〉
7月23日 +3人
7月22日 +1人
7月21日 +4人
7月20日 ±0人
7月19日 +2人
7月18日 -1人
7月17日 +6人

〈死者数〉
7月19日 1人
7月18日 0人
7月17日 1人
7月16日 1人
7月15日 1人
7月14日 0人
7月13日 1人
(東京都のコロナ死者数は19日まで公表)
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

重症者数や死者数を見る限り、
東京が緊急事態とはとても思えない。

新規陽性者がいくら増えようと、
重症化したり、死者が出たりしなければ、
特に問題はないのではないか。

おそらく高齢者のワクチン接種が進んだことで、
重症化する人が激減しているのだろう。

しかし、マスメディアは新規陽性者が
増えたことだけを報道し、
この世の終わりであるかのように
騒ぎ立てている

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月22日 (木)

よくぞ言った!照ノ富士

『日本相撲協会は21日、東京・両国国技館で秋場所(9月12日初日、両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、名古屋場所で14勝を挙げた照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=の横綱昇進を満場一致で承認した。新横綱は17年初場所後昇進の稀勢の里以来で、平成生まれは初、令和最初の横綱が誕生した。照ノ富士は、都内の伊勢ケ浜部屋での伝達式で「不動心を心掛け、横綱の品格、力量の向上に努めます」と口上を述べた。(後略)』
(スポーツ報知 7/22(木) 7:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/52576e5ef94cf2ee6b13bd4e6471221d7f77a316

「品格の向上」とは、
品格のかけらもない先輩横綱・白鵬を
揶揄したものだろう。

何回優勝しようが、
肘打ちや張り手を毎日のように繰り出し、
相手を威圧してラクに勝つ見苦しい相撲は
横綱相撲とはとても言えない。

白鵬はまだ引退しないようだが、
相撲協会や横綱審議委員会が
一刻も早く引導を渡すべきだろう。

新横綱・照ノ富士は、
『今まで通りでは、絶対ダメですから。
みんなの見本と基本になるような横綱でいたい』
と語った後、記者から品格とは、と問われ
『生き方で証明したいです』と語ったという。

 

応援のクリックをお願いします。

 

ワクチンでコロナ禍は終わらない?

海外ニュースを見ていると、
いわゆるインド株の流行により、
欧米では再びコロナ感染が
急増しているようだ。

論調はいずれも同じで、
重症者や死者はワクチンを接種していない人で、
今、ワクチン未接種者の多くが後悔している。

だから、皆さんワクチンを打ちましょう。

老若男女を問わず、子供も例外でなく、
とにかく全員にワクチンを接種させましょう
というようなことだ。

ワクチンは感染を予防するのではなく、
重症化を防ぐということだが、
それでは、なぜワクチン接種により
欧米で感染者が減ってきたのだろう?

ワクチン接種のおかげで
新型コロナの感染者が激減してきたのに、
一転して感染者が増えてきたら
ワクチン接種は感染を予防するわけではない
ということでは筋が通らない。

新型コロナでは、こうしたいい加減な説明が
常になされてきたのである。

つまりは、インド株には現在のワクチンが
それほど効果がなく、それでも重症化は
防いでいるということではないだろうか。
(あくまで重症者がワクチン未接種者だけ
という報道が正しければだが)

ワクチンが変異株に効くかどうか、
というのは以前から議論のあったところで、
ワクチンがいつごろまで効果があるのか
(半年程度と言われている)という問題とともに、
今後、新たな火種になりそうな気がする。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月21日 (水)

五輪開会式は選手・各国首脳・委員会幹部に限定?

『オリンピック開会式企業幹部不参加のミスリード『14日、IOCは開会式への出席は選手以外は各国の首脳や五輪委員会幹部らに制限すると通知』していますから、当たり前の話 知らないなら報道やめたほうが良いのでは、わざとなら悪質』
(渡邉哲也氏のツイートより 午後11:16 · 2021年7月20日)
https://twitter.com/daitojimari/status/1417488603152855046

渡邉氏のツイートが正しいとすれば、
下記のニュースはデタラメということに
なるのでしょうか?

◇トヨタ社長、五輪開会式出席せず 最高位スポンサー
(毎日新聞 7月19日)
https://news.yahoo.co.jp/articles/625ca3b842ad7aaea8c6c999e8b1d49dc93702ce
◇NTT幹部、五輪開会式出席見送り CMは放映予定
(朝日新聞デジタル7月20日)
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6399176

まあ、出席しないというのは事実でも、
もともと呼ばれていないのだから、
記事としてはデタラメですよね。

それにしても反日メディアは、どこまで東京五輪を
貶めたいのでしょう?

五輪が始まれば、彼らが主張していた無観客開催さえ
攻撃し始めるのかもしれません。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月19日 (月)

在韓公使の不適切発言

『在韓日本大使館は17日、相馬弘尚総括公使が韓国メディア記者との非公式の懇談の場で、「極めて不適切な発言」をしたとして、相星孝一駐韓大使が厳重注意したと明らかにした。韓国のJTBCテレビは16日、日本大使館高官が、日韓首脳会談の有無などを尋ねた同社記者の質問に対して、文在寅(ムンジェイン)大統領が一人で神経戦を繰り広げているとの趣旨で「マスターベーション」と表現したと報じていた。
大使館によると、報道を受けて、相星氏が相馬氏に確認したところ、「こうした表現を用いたことは事実だ」と認めた。一方で、相馬氏は「文大統領本人に対する発言ではなく、その場で不適切な言葉だったとして撤回した」と説明しているという。(後略)』
(毎日新聞 2021/7/17 14:36)
https://mainichi.jp/articles/20210717/k00/00m/030/113000c

東京五輪の開会式に合わせた
文在寅の訪日は見送りになったようで、
とりあえずは一安心といったところだが、
僕は当初耳にしたときから
在韓日本公使の「マスターベーション」という
不適切発言が不思議でならなかった。

たとえ韓国メディア記者との非公式の懇談の場とはいえ、
こうした表現を大使や公使といった立場の人間が
安易に口にするものだろうか、と思ったのである。

まあ、日本でもよく行われる「発言の切り取り」
と言えばそうなのだが、
「一人芝居」とか、他に言い換え表現はいくらでもあり、
あえて物議をかもすような表現をしたことが
不思議に思えたのである。

そこで、僕が妄想したのは、
この公使は、輸出管理や応募工問題など係争中の案件が
韓国側に有利になるように、
わざとこうした発言をしたのではないか
ということなのだ。

安倍政権から菅政権に代わっても、
政府は韓国を突き放すような態度を続けており、
今回の文在寅の五輪訪日は、
韓国が日本と会談の場を持つ
久しぶりのチャンスだった。

そうしたことから、韓国は在韓公使に不適切発言をさせ、
それを利用して、輸出管理や応募工問題を
有利に進めようとしたのではないだろうか?

そもそもわが国の外務省は、
日本の国益ではなく、相手国の国益のために
働いているようなところがある。

とりあえず、今回は実害なく済んだのだが、
わが国の敵は常に日本側にあり、
国際的に苦境に立つことが多いので、
国益を毀損する人間はすぐに処分することが
重要だと思うのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月18日 (日)

英コロナ規制ほぼ全面解除へ

『イングランドでの新型コロナウイルス規制を19日にほぼ全面解除する英政府の計画について、ジョンソン首相は12日、予定通り実施すると確認した。英国では変異株の広がりで感染が再拡大している。しかし、政府はワクチンの効果で死者や重症者が抑えられると判断、解除を決めた。
これにより、イングランドではマスク着用の義務はなくなり「屋内交流」の人数制限も撤廃される。首相は記者会見で、気候が良く学校も夏休みに入る英国の7月こそが「解除に適切な時だ」と強調した。
ただ「パンデミック(世界的大流行)は終わっていない」とも指摘した。混雑する室内ではマスクを着けるよう推奨、個人の判断で警戒を続けるよう呼び掛けている。
インド由来のデルタ株が広がる英国では、6月以降、感染は急増中。12日の全国の新規感染は3万4000人を上回った。政府は、このペースが続けば1日当たりの感染者が夏の間に10万人を超える可能性があると認めている。
もっとも最近の死者数は1日当たり10人を下回る日もあり、1000人を超えることも多かった今年初めからは激減した。政府は、ワクチンによる「免疫の壁」構築に期待を寄せる。「医療に過剰な負担が掛かる事態は避けられる」(ジャビド保健相)と踏んでいる。』
(JIJI.COM 2021年07月13日05時20分)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071300143&g=int

英国の7月17日の新規陽性者数は
53,969人とピークの68,053人(1月8日)に
近づいているにもかかわらず、
イングランドでのコロナ規制を19日から
ほぼ全面解除するという。

感染は再拡大しているが、
ワクチンの効果で死者や重症者を抑えられると
判断したようだ。

ちなみに、ここ1週間の英国と日本の
新型コロナ新規陽性者数と死者数を比較すると、

〈新規陽性者数〉
英国
7月17日 53,969人
7月16日 51,273人
7月15日 47,891人
7月14日 41,748人
7月13日 36,216人
7月12日 33,998人
7月11日 31,352人
日本
7月17日 3,885人
7月16日 3,430人
7月15日 3,418人
7月14日 3,191人
7月13日 2,387人
7月12日 1,504人
7月11日 2,032人

〈死者数〉
英国
7月17日 41人
7月16日 49人
7月15日 63人
7月14日 49人
7月13日 50人
7月12日  6人
7月11日 26人
日本
7月17日 16人
7月16日 10人
7月15日 22人
7月14日 20人
7月13日 18人
7月12日  3人
7月11日  6人

と、新規陽性者数も死者数も
圧倒的に英国が多い。

こうした状況の中で、
英国はイングランドでのコロナ規制を全面解除し、
日本は緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を
国内各地で発令し、
東京五輪を無観客で開催しようとしている。

あえて、どちらの判断が正しいとは言わないが、
この違いは日本国民も確認しておくべきだと思う。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/world-data/
https://news.yahoo.co.jp/pages/article/20200207
https://covid.gutas.net/country?p=195
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-all/

 

応援のクリックをお願いします。

 

誰も望まぬ文在寅の来日

『オリンピック開幕に合わせた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪日に向けて、日本側が韓国に対する輸出管理強化を改め、韓国側は日本との軍事機密協定の不安定な状況を見直す方向で最終調整されていることがJNNの取材でわかりました。
日韓の外交関係者によりますと、文大統領の訪日に合わせた首脳会談に向けては、日本側が韓国を輸出管理の優遇対象から外した状態の回復、一方の韓国側は破棄できる状況の日韓の軍事機密共有協定「GSOMIA」の運用を安定化させる方向で合意を目指し、最終調整が行われているということです。
日韓関係を、まずはマイナスから元の状態に戻すことで首脳会談を成功させ、今後の対話に繋げ、懸案の徴用工問題についても解決の足がかりを掴みたい考えで、事前合意できた場合、最終的に文大統領は来日を決断するとみられます。』
(TBS NEWS 16日 18時40分)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4316568.htm

そもそも最初に訪日を言い出したのは
文在寅の方だったと思うのだが、
日本側が儀礼的に歓迎の意向を示したら
なぜか唐突に条件を出してきた。

「輸出管理」とか、「GSOMIA」とか、
五輪の訪日とは何の関係もないことに、
条件を付けるとはどういう神経か?

日本政府は当然、相手にしないものと思うが、
会話や議論が成立しない韓国とは、
今後とも可能な限り関係を持たないことだろう。

東京五輪への文在寅の来日など、
誰も望んでいない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月16日 (金)

尾身茂氏は専門家か?活動家か?

『政府の有識者会議「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の尾身茂会長が16日に記者会見し、開会を1週間後に控えた東京オリンピックの応援は自宅で家族などとし、路上や飲食店などで大人数で応援しないよう国民に求める談話を発表した。夏休み中の感染拡大を抑えるためで、さらに都道府県を越えた移動や大人数・長時間の飲食を控えるよう呼びかけた。尾身会長は「7月から8月下旬にかけての2カ月は、4連休、夏季休暇、お盆、オリンピック・パラリンピックなどが集中するため、1年以上の新型コロナウイルスとの闘いにおいて、正に山場だ。山場を乗り越えるためには、緊急事態宣言の期間中に感染拡大を少しでも抑えることが求められる」と訴えた。(後略)』
(毎日新聞 7/16(金) 16:51配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8b029e85d37544be818c048bb28f2e7b1b5c733?tokyo2020

新型コロナ流行以来、
感染症対策分科会の尾身会長にしても、
日本医師会の中川会長にしても、
東京都医師会の尾崎会長にしても、
新型コロナ感染の責任を国民に押し付け、
その移動を抑え、行動を制限する
ことばかりを訴えている。

人の接触を100%無くすことができれば、
コロナ感染が抑えられるのは当たり前で、
そんなことは素人でもわかる。

しかしながら、日本は世界的にみて
圧倒的に感染者数も死者数も少なく、
にもかかわらず医療逼迫を
引き起こしている原因がどこにあるのか、
経済を可能な限り止めることなく、
国民に必要十分な医療を提供するには
どうすればいいか、
そうした問題に対し専門的な立場から
提言するのが彼らの役割のはずである。

新型コロナが日本に流入してから
もう1年以上経つのに、
彼らが言っているのは
外出するな、遊びに行くな、酒を飲むななど
人の接触削減、人流抑制の
ワンパターンなのである。

彼らが日本のために発言しているとは
とても思えず、僕にはどこかの活動家か、
工作員にしか見えない。

繰り返される「緊急事態宣言」も、
東京五輪の「無観客開催」も、
彼らの提言により実現したのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月15日 (木)

なぜ東京五輪だけ無観客なのか?

高橋洋一氏によると、
他のイベントが有観客でやっているのに
東京五輪だけが無観客なのは
合理的な説明ができず、
政治的な理由で無観客にしたとしか
考えられないという。
https://www.youtube.com/watch?v=tq7jgvgzgqw

で、その首謀者は小池東京都知事
ではないかというのだ。

その理由としては、
都民ファーストの都議選での公約に
「東京五輪の無観客開催」が
掲げられていたこと。

東京五輪を無観客にすれば、
菅政権に打撃を与えられること。

都議選が終わった後、
小池都知事は二階幹事長、公明党の山口代表、
尾身分科会会長にそれぞれ会って、
水面下で無観客の流れをつくり、
その責任を菅総理に押し付けた。

これが高橋氏の推測のようだ。

これに僕の推測を付け加えると、
そもそも東京五輪の無観客開催は
チャイナからの指示だったのでは
ないだろうか?

そこで、反日マスコミ、反日野党、
媚中派の二階、公明・山口、小池などが
こぞって東京五輪を無観客開催に
誘導したのではないだろうか?

いまや国内でも、海外でも、
スポーツイベントを無観客でやっているのは
ほとんど目にしない。

高橋氏の言うように、
このような状況で東京五輪だけ無観客にする
というのは合理的な説明が難しい。

で、政治的な理由を考えていくと、
そこにチャイナの東京五輪を貶めたい
という意図が透けて見えるのだ。

先日の「ウイグル対中非難決議」でも
反対した面々がそろい、
世界がコロナを克服する中で、
いつまでもコロナに怯え続ける
愚鈍な国「日本」という負のイメージを
植えつけたかったのではないか?

サッカーの欧州選手権や、
MLBオールスターゲームのような熱狂が、
東京五輪で見ることができないのは
確かなようである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月14日 (水)

熱海土石流は違法な盛り土が原因

『静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で発生した土石流災害で、難波喬司副知事は13日に記者会見し、土石流の起点周辺にあった盛り土について「違法な盛り土が災害の原因」との見解を示した。盛り土が降雨でダムのような状態になって水がたまり、下部から水が噴き出して一部が崩壊、その後に盛り土の全体が崩れた連鎖崩壊の可能性があるとしている。県は、土石流発生のメカニズム▽盛り土に関する行政の対応が妥当だったか――の2点を検証するため、二つのチームを設置して調べる。(後略)』
(毎日新聞 7/13(火) 20:53配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/d7250d64a9dc4fd69b90d4a00ec670251ee83a15

静岡県副知事の見解だから、
熱海の大規模土石流は
人災ということなのだろう。

しかし、傾斜地の谷に
産廃が投棄されているのを知りながら
何の手も打たなかった熱海市(静岡県)も
責任を問われよう。

記事では、近くの尾根に設置された
メガソーラーには触れていないのだが、
その危険性も調査すべきだろう。

そもそも森林を伐採して
ソーラーパネルを敷き詰めることが
環境に良いとはとても思えない。

土石流はいったん発生すると、
重大な事故を引き起こすため、
山間部の盛り土やメガソーラーは、
全国的に見直す必要がある。

近年の日本は亜熱帯化し、
豪雨災害が頻発しているので、
その対応は急がれよう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月13日 (火)

太陽光発電が最安と朝日新聞

『経済産業省は12日、2030年時点の電源別の発電コストについて新たな試算を公表した。原発は安全対策費の増加などを受けて、15年の前回試算より上昇し、最も安い電源は太陽光発電となる。太陽光は技術革新や大量導入などでコストが下がる見通しだ。太陽光のコストが原発を将来下回ることを経産省が試算で認めるのは、初めてとみられる。(後略)』
(朝日新聞デジタル7/12(月) 15:03配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb7f5eef657debe2b5e8b4b571c52c6dd51b1b7b

朝日新聞の記事なので、嘘かもしれません。

そもそも2030年時点の発電コストが
今の段階で分かるとは思えません。
(試算といってもかなりアバウトなものではないか?)

最安になる太陽光発電のために、
現在、我々が数兆円にも上る再エネ発電賦課金を
上乗せされているのも理不尽な話。

天候によって不安定になる太陽光発電のために、
バックアップ電源として常に備えなければならない
火力発電にかかる費用は含まれているのか?

僕が想像するに、熱海の大規模土石流で、
太陽光発電に対して向かいつつある厳しい目を
逸らすためにこのようなヨタ記事を
反日新聞がぶっ込んできたのではないだろうか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月12日 (月)

西村大臣のデタラメ発言

西村大臣は飲食店経営者の
『「飲食店でどのくらい、コロナウイルスが出てるか、
教えてください。」との質問に対し、
「内閣官房調べによると、飲食店においては4月175件(全体の17%)
5月197件(同17%)6月には99件(同19%)
のクラスターが発生しています」とクラスター事例の分析結果を寄せた。  
そのうえで「専門家は、感染者が大人数長時間の飲食を行っていた割合が
非感染者の4倍と分析し、さらに飲食を介しての感染が
家族内感染や院内感染に伝播と推定しています」』と回答している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/23592e22cdb5128697734d2ef403bd8d30bab535

ところが、他の記事によるとクラスターは多様化しており、
職場(約21%/4月)、学校・教育施設(約13%/4月)、
高齢者福祉施設(約19%/4月)、医療機関(約11%/4月)となっており、
飲食店(居酒屋・バー含む)については約8%(4月)、
接待を伴う飲食店約4%(4月)と合わせても12%に過ぎない。
何も飲食店で突出してクラスターが発生しているわけではなく、
お酒の提供との関係も明らかではない。
https://www.medius.co.jp/asourcenavi/cluster/

つまり、『飲食を介しての感染が家族内感染や院内感染に伝播』
という西村大臣の結論は、いい加減な推定に過ぎず、
職場・学校・教育施設・高齢者福祉施設・医療機関など、
クラスターの発生場所は多岐にわたるのである。

今年に入って東京では、約8割の期間「緊急事態宣言」が
発出されていたが、飲食店が時短営業しようと、
お酒の提供を禁止しようと、新型コロナ陽性者は
増えるときには増え、減るときには減ってきた。

『飲食を介しての感染が家族内感染や院内感染に伝播』
などというデタラメな推測で飲食店をいじめ抜く担当大臣には、
もはや退出していただく以外にないだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月11日 (日)

英欧州選手権6万5千の観客

『イギリスでは、新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中、サッカーのヨーロッパ選手権の試合が6万5000人近い観客を入れて行われました。
ロンドンのウェンブリースタジアムでは7日、サッカー、ヨーロッパ選手権のイングランド対デンマークの準決勝が行われました。
イギリス政府は、この試合で、9万人の収容定員の75%を上限に観客の入場を認め、ウイルス検査の陰性証明などがある6万5000人近い観客が訪れました。
スタジアム周辺では試合開始前からサポーターがビールを飲んだり、大声で騒いだりしたほか、ロンドン中心部では警察官が警戒にあたる中、大勢の人が大型画面などで観戦し、延長戦の末、地元イングランドが2対1で勝つと、抱き合ったり歌ったりしながら、喜びを爆発させていました。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2021年7月8日 11時31分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210708/k10013126511000.html

新型コロナの最近1週間の新規感染者数は
英国
7月10日 31,800人
7月9日 35,200人
7月8日 31,977人
7月7日 32,048人
7月6日 28,334人
7月5日 27,110人
7月4日 23,818人
日本
7月10日 2,457人
7月9日 2,276人
7月8日 2,246人
7月7日 2,190人
7月6日 1,668人
7月5日 1,029人
7月4日 1,484人

ちなみに、ここ1週間の
東京都のコロナ死者数は
7月7日 1人
7月6日 0人
7月5日 0人
7月4日 1人
7月3日 1人
7月2日 1人
7月1日 0人
※東京都の新型コロナサイト最新の死亡者数発表が7月7日

この状況で東京では緊急事態宣言が出され、
三密を促進する時短、
意味なく都民の楽しみを奪う禁酒が施行され、
五輪の無観客が決定した。

世界的な感覚から行くと、
やはり日本はかなり異様である。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月10日 (土)

五輪無観客にバッハの正論

『(前略)複数の関係者によると、IOCのバッハ会長は「東京などの感染状況が改善されれば(無観客を)見直すべきだ」と要望した。別のIOC関係者は、状況が深刻でない他県での競技実施を検討するよう求めた。バッハ会長は、日本のプロスポーツが有観客で開催されている点を挙げ、「五輪と別の対応で、理解に苦しむ」などと不満を口にしたという。会談後の共同声明には「感染状況に大きな変化が生じた場合、5者会談で対応を検討する」との一文が加えられていた。(後略)』
(読売新聞 2021/07/10 08:02)
https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210710-OYT1T50086/

「他のプロスポーツが有観客で行われているのに、
なぜ五輪が無観客なのか?」

この問いに正しく答えられる日本側の関係者は
おそらくいないのではないか?

「緊急事態宣言」と言いながら人は普通に道を行き交い、
交通機関は混み合っているし、
医療機関が逼迫しているわけでもない。

何より他のスポーツは制限付きではあっても
有観客でやっており、
五輪を無観客にする理由は見当たらない。

結局、野党やマスコミなどの反日勢力が
コロナの恐ろしさを騒ぎ立て、
「感染爆発したら誰が責任を取るのか」
との責任追及に政府が負けただけなのだ。

本格的な夏の暑さがやってきたのに、
みんな一様にマスクをつけて、
誰も熱中症の危険性を指摘しない。

大した感染者数や死者数でもないのに、
繰り返し「緊急事態宣言」を出し、
五輪まで無観客にしようとする日本は、
明らかにまともではない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月 9日 (金)

コロナに負けた東京五輪

『この数カ月、菅義偉首相が最も避けようとしてきた五輪シナリオで着地せざるを得なかった。8日、決定した「緊急事態宣言下の無観客開催」。開幕の約2週間前まで有観客開催への執念を見せたものの、結果として新型コロナウイルスのリバウンド(感染再拡大)封じ込めに失敗し、万事休す。「コロナに打ち勝った証しの東京大会」を掲げ続けてきた首相は、窮地に立たされた。(後略)』
(西日本新聞 7/9(金) 10:13配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f50fbfd81f855995d3a6b3596096408014daa7e

国単位でみると、
日本の今日の新規陽性者数は2,259人、
米国の昨日の新規陽性者数は20,061人。

新規陽性者数が日本の約9倍の米国では、
大谷の活躍するMLBで観客の制限が取り払われ、
エンゼルスのホーム球場では満員の盛況だ。

新規陽性者数が米国の9分の1の
日本で行われる東京五輪が無観客で行わざるを
得なくなった理由がよく分からない。

これまでの緊急事態宣言発出でも
菅総理は分科会の尾身会長や知事たちに
押し切られることが多かった。

分科会の専門家には意見を求めるだけで、
決めるのは総理のはずだが、
政府が決めたことを分科会に承認してもらうなど
立場が逆転していたように見える。

都議会議員選挙の間、突然、職務を放り出し、
入院してしまった小池東京都知事に
いいようにあしらわれているようでは
総理は務まらない。

東京都の新規陽性者数は
300人から1000人の間を行ったり来たり
しているだけのまさに「さざ波」で、
そもそも前回の緊急事態宣言さえ
必要なかったと思われる。

都知事、分科会、政府のやり取りを見ていると、
日本はゼロコロナを目指しているように見えるのだが、
ウイルスはゼロにはならないし、
問題は隔離の必要な感染症としたために
引き起こされた医療逼迫だけなのである。

菅総理は仕事のできる官房長官と言われたが、
コロナ対応や五輪との関わりを見る限り、
仕事のできない総理との誹りは免れないだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

熱海土石流の盛り土に産廃

『静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で、県は7日、起点となった土地を2006年に取得した神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)が、盛り土に産業廃棄物をまぜるなどの不適切行為を繰り返し、県と市から再三にわたり行政指導を受けていたと明らかにした。盛り土の高さが09年時点の計画で15メートルだったのに、土石流の発生時は約50メートルに増していたとも指摘。県は盛り土がされた経緯を詳しく調べており、行政側のこれまでの対応についても検証する。(後略)』
(日刊スポーツ 2021年7月7日23時6分)
https://www.nikkansports.com/general/news/202107070001321.html

熱海の大規模土石流の原因が
少しずつ明らかになってきたようだ。

土石流の起点となった盛り土は
住宅建設のためのものというような情報もあったが、
産業廃棄物の投棄場所になっていたようだ。

09年時点の計画が高さ15メートルだったのに、
土石流の発生時には50メートルに増えていたという。

傾斜地に高さ50メートルもの産廃を投棄し、
そこに大量の水が流れ込んだら、
土石流が起こっても不思議ではない。

近くの尾根は森林が伐採され、
ソーラーパネルが敷き詰められていたことも、
保水力を失わせ、大量に水が流れ込む
原因をつくったのかもしれない。

確かなことは行政の調査を待たないと
何とも言えないが、
このようなことが熱海だけで
行われていたとは考えにくく、
全国的な調査が必要ではないか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月 8日 (木)

東京にまたまた緊急事態宣言

『政府は、新型コロナウイルスの感染状況が拡大する
東京に対し、「緊急事態宣言」を再び発出する方針を固めた。
期限は来月22日まで。当初、「まん延防止等重点措置」を
延長する方向で調整していたが、東京の感染状況を受け、
対策を強化する方針に切り替えた。』
(ABEMA TV 7/7(水) 19:38配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c48c96230005e5bb468a307874391be05379ef6

ついに日本は緊急事態宣言下で
東京五輪を開催することになるようだ。

しかしながら、今の東京に「緊急事態」
と呼ぶような切迫感があるだろうか?

もし東京の新規陽性者数が1000人になっても、
人口約1400万人で割れば、
1万人当たり0.7人ということになる。

僕の狭い交際範囲の中では、
新型コロナに感染した人など1人もいない。

東京に住む多くの人にとって、
新型コロナなど遠い世界の出来事なのだ。

「まん延防止等重点措置」で新型コロナのまん延に
注意しようということであれば話は分かる。

しかしながら、東京の新規陽性者数が
920人になったから「緊急事態宣言」というのは
どうにも理解できない。

危険な状態を意味する「緊急事態」の中で
五輪を開催するというのは、
参加各国に誤解を与えないだろうか?

僕は「緊急事態」というのは、
東京で五輪が開催できない状態のことを
いうのではないかと思うのだが…。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月 6日 (火)

盛り土に問題なしと静岡県

『静岡県熱海市の大規模土石流の起点にあった盛り土について、
県は6日、現時点の調査結果として「不適正な点はなく、
危険な状態だったとの認識もない」と説明した。』
(KYODO 7/6(火) 18:49配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f69e6d433d42a68e35d5754165112bbad8fe5ac

熱海の大規模土石流の起点となった盛り土の工事は
2007年に行われたものだという。

住宅開発のためのものではと想像されるが、
盛り土をしたまま14年間も放置されていたことになる。

上記記事のように、傾斜地に盛り土をして長年放置しても、
「不適正な点はなく、危険な状態だったとの認識もない」
ということであれば、今後も豪雨が続けば、
同様の災害は起こるのではないか。

別の記事で新潟県では、
土砂災害警戒区域が1万4千カ所にも上り、
「大規模盛り土」は220カ所もあるという。
https://nordot.app/784966762706550784

要するに、今回の熱海のような大規模土石流は、
いつ、どこででも起こりうる災害であるようだ。

どうも傾斜地の開発に対する防災規制が
低過ぎるのではないかと思わずにいられないが、
傾斜地の近くに住む人々は、
豪雨の際には早めに避難するしか、
自分の身を守る方法はないようだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月 5日 (月)

盛り土の会社元幹部が責任否定

『静岡県熱海市の大規模土石流の起点に、
2007年に盛り土をした神奈川県小田原市の不動産管理会社の元幹部が5日、
共同通信の取材に「熱海市に届け出て盛り土をした。
豪雨はこれまでもあったが、崩れなかった」と責任を否定した。』
(KYODO 7/5(月) 20:13配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/6ed25fd6c15003af7fa493aad57c4d886a45131e

共同通信の記者が書いた記事だから、
大切なところが省略されていたり、
適当なまとめ方をしているかもしれず、
安易に批判はできないが、
「豪雨はこれまでもあったが、崩れなかった」
ということが、今回の大規模土石流の責任を
回避する理由になるだろうか?

熱海市に届け出をしているようで、
その届け出が正しいものであれば、
熱海市も責任を問われるだろう。

それと同時に、盛り土をした会社が、
十分な安全対策をとっていたかどうかも、
調べる必要がある。

いずれにしても、あの盛り土が大規模土石流の
起点になっているところから見て、
盛り土がなければ土石流が発生しなかったことは
確かなのではないかと思われる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月 4日 (日)

メガソーラーと土砂崩れ

『函南町に建設が予定されているメガソーラーについて、住民らが6月30日県庁を訪れ、川勝知事に要望書を提出しました。函南町軽井沢地区の山林に計画されているメガソーラーについて、地元住民の代表らが30日、県庁を訪れました。メガソーラーは軽井沢地区の山林約65ヘクタールに太陽光パネル約10万枚を敷き詰める計画となっています。地元住民は景観の悪化や土砂崩れの危険性を不安視していて、要望書では工事を強行して進めないよう県に指導してほしいなどと求めました。<函南町のメガソーラーを考える会 山口雅之代表>「(計画について)2年前は情報が全くなかった。そんな中で事業が進んでいった」 川勝知事は住民の意見に理解を示した上で、県と町が連携しながら取り組むべき問題と応じました。』
(SBS 6/30(水) 18:23配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/39d2842287bfc1fa33ef88411a1d81912fb09013

太陽光発電のために山を切り崩し、
太陽光パネルを敷き詰めれば、
熱海のような土砂崩れは
起こりやすくなるだろう。

今回の熱海の土石流は、
上流で山林開発のための盛り土が
崩れたことが原因と言われている。
https://tsuisoku.com/archives/58214865.html

静岡県では住民の反対を押しのけて、
メガソーラーの建設が進められており、
今後、集中豪雨の時には、
周辺住民は気が気ではないだろう。

土石流の心配だけでなく、
太陽光パネルは災害で壊れると感電したり、
カドミウムなどの有害物質が流れ出すなど、
非常に危険である。

日本では国内の至る所に
メガソーラーが建設されているが、
災害の危険性など十分に検討し、
今一度見直すべきだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月 3日 (土)

珍しい舛添氏の正論

『(前略)舛添氏は2日、「政治は演技である。嘘も方便。IQの低い大衆は、それを見抜けない。だから演説のとき、聴衆の中のIQ最低の人に合わせろとヒトラーは言った。トップが10日間も静養する病気の正式な診断名を誰も求めない都庁村の異常さ。首相が10日間も休めば病名公表は霞ヶ関では当然である。国政ではありえない非常識。」と投稿。(後略)』
(デイリー 7/3(土) 20:15配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4cf10ebf5b08fc27f2de2f3737afbe1e9135af26

僕は舛添氏には一貫して批判的だが、
この主張には賛成したい。

小池東京都知事が、
コロナ禍、東京五輪、都議会議員選挙という
彼女が最も必要とされる時期に
病名も明かさず10日間も入院してしまう事態に、
誰も批判的な声を上げない異常。

もし安倍総理がそんなことをしたら、
非常識な記者たちは病室まで
押し掛けたのではないか?

小池氏が入院した理由は、
都議会議員選挙で都民(小池)ファーストの会を
応援したくなかったからではないか
と言われている。
https://www.youtube.com/watch?v=Wh7SxPwbjfU

そして、それは都議会議員選挙が、
国政選挙の前哨戦ともいわれ、
二階幹事長が次の衆院選に負けるわけにはいかない
という事情が影響しているから
と言われている。

何とも自分勝手な理由だと思うが、
彼女がそんなことをしても批判の声も上げない、
都民・国民がそれを許しているのである。

30年間も国が貧困化し続けるのを放置し、
結婚も、子供を持つことも、国を守ることも
できなくなった日本は、
何をされても批判も抗議もしない
我々日本国民がつくったのだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年7月 2日 (金)

西村大臣のワクチン義務化?

『西村経済再生担当相は、BSフジの「プライムニュース」に出演し、GoToトラベルを再開した場合、利用者にワクチン接種か陰性証明を義務付ける可能性があるとの考えを示した。 西村経済再生担当相「(GoToトラベルの利用は)ワクチン接種か、そうじゃない方は検査で陰性を確認するのが一つの方法だと思うので、さまざまインセンティブ考えていきたい」 西村大臣は、ワクチン接種を進めるため、自治体や民間企業と連携し、接種した人がポイントや割引を受けられるなどの取り組みを進めたいと話した。 また、GoToトラベルを再開した際に、「ワクチン接種」か体質的にワクチンを打てない人などには「検査で陰性を証明する」ことを利用条件にするのは、一つの方法だとの考えも示した。』
(FNNプライムオンライン6/30(水) 6:27配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/847dba6cf5ec549d2eaee687d43bc9bd19b2d43d

欧米でワクチン義務化の話が出始めたので、
気になっていたのだが、
日本でも西村経済再生担当相が
ワクチン義務化に言及した。

GoToトラベルを利用する際、
ワクチン接種か陰性証明を義務付けるという
限定的で選択もできる制度ではあるが、
こういう話は最初の一歩が肝心で、
これが認められたらワクチン義務化が
どんどん進んでいく可能性がある。

効果や安全性が不確かなワクチン接種を
義務付けるというのがどういうことなのか、
この頭の軽そうな大臣は分かっているのだろうか?

厚労省の発表では、ファイザーのワクチンについて、
5月30日までにおよそ1306万回の接種が行われ、
25歳から102歳の男女139人が死亡しているという。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/progress/

接種との因果関係については情報不足で評価できず、
現時点で接種体制に影響を与える重大な懸念は
認められないそうだ。(2021年6月9日)

ワクチンを接種して139人もの人が死んでも、
重大な懸念がないというのは
どういう判断なのだろう?

ワクチン接種により多数の死者が出て、
ワクチン接種と死亡との因果関係が評価できない段階で、
ワクチン接種を義務化するというのは
あまりにも乱暴ではないか?

そもそもワクチン接種は任意であるという
当初の大原則はどこに行ったのだろう?

 

応援のクリックをお願いします。

 

コロナ療養中に韓国人逃走

『新型コロナウイルスに感染し、療養先の大阪市北区のホテルから行方不明になった男性について、大阪府警は30日、大阪市内で身柄を確保し、覚醒剤取締法違反(共同所持)の疑いで逮捕した。男性は18日の逮捕後に釈放され療養していたが、22日から姿を消したため、府警が全国に指名手配していた。男性は「奈良にいる友人に会いたかった」と供述しているという。府警によると、男性は住所不定の無職、劉翼空容疑者(20)=韓国籍。捜査員が30日朝、大阪メトロ今福鶴見駅(大阪市城東区)の構内のトイレにいたマスク姿の劉容疑者を発見し、現場で逮捕した。発熱などは確認されていないが、PCR検査を改めて実施する。(後略)』
(毎日新聞 6/30(水) 11:05配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f49cea9bbc6b91688762e19b85768978bc07930

住所不定で無職、覚せい剤所持の韓国人が
日本をうろついていること自体が不気味だが、
その男が新型コロナに感染し、
ホテル療養中に行方不明になってしまうとは、
どこまで間が抜けているのだろう。

日本では水際対策など
現実的にはできないのだろうから、
せめて外国籍のコロナ陽性者の人数を
公表してもらいたい。

今回発見されたのは韓国籍だったが、
そもそも東アジアの人間はコロナに感染しにくく、
その他のアジア諸国や欧米、南米からの入国者が
日本国内で大量に感染している可能性もある。

政府はなぜ事実を国民に
知らせないのだろう?

新型コロナの実態を知らせぬまま、
政府は国民に厳しい行動制限を
強制し続けているのだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »