フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 英欧州選手権6万5千の観客 | トップページ | 太陽光発電が最安と朝日新聞 »

2021年7月12日 (月)

西村大臣のデタラメ発言

西村大臣は飲食店経営者の
『「飲食店でどのくらい、コロナウイルスが出てるか、
教えてください。」との質問に対し、
「内閣官房調べによると、飲食店においては4月175件(全体の17%)
5月197件(同17%)6月には99件(同19%)
のクラスターが発生しています」とクラスター事例の分析結果を寄せた。  
そのうえで「専門家は、感染者が大人数長時間の飲食を行っていた割合が
非感染者の4倍と分析し、さらに飲食を介しての感染が
家族内感染や院内感染に伝播と推定しています」』と回答している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/23592e22cdb5128697734d2ef403bd8d30bab535

ところが、他の記事によるとクラスターは多様化しており、
職場(約21%/4月)、学校・教育施設(約13%/4月)、
高齢者福祉施設(約19%/4月)、医療機関(約11%/4月)となっており、
飲食店(居酒屋・バー含む)については約8%(4月)、
接待を伴う飲食店約4%(4月)と合わせても12%に過ぎない。
何も飲食店で突出してクラスターが発生しているわけではなく、
お酒の提供との関係も明らかではない。
https://www.medius.co.jp/asourcenavi/cluster/

つまり、『飲食を介しての感染が家族内感染や院内感染に伝播』
という西村大臣の結論は、いい加減な推定に過ぎず、
職場・学校・教育施設・高齢者福祉施設・医療機関など、
クラスターの発生場所は多岐にわたるのである。

今年に入って東京では、約8割の期間「緊急事態宣言」が
発出されていたが、飲食店が時短営業しようと、
お酒の提供を禁止しようと、新型コロナ陽性者は
増えるときには増え、減るときには減ってきた。

『飲食を介しての感染が家族内感染や院内感染に伝播』
などというデタラメな推測で飲食店をいじめ抜く担当大臣には、
もはや退出していただく以外にないだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 英欧州選手権6万5千の観客 | トップページ | 太陽光発電が最安と朝日新聞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英欧州選手権6万5千の観客 | トップページ | 太陽光発電が最安と朝日新聞 »