フォト

おすすめ本

  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 月刊will10月号
  • 月刊正論10月号
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« なぜ東京五輪だけ無観客なのか? | トップページ | 誰も望まぬ文在寅の来日 »

2021年7月16日 (金)

尾身茂氏は専門家か?活動家か?

『政府の有識者会議「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の尾身茂会長が16日に記者会見し、開会を1週間後に控えた東京オリンピックの応援は自宅で家族などとし、路上や飲食店などで大人数で応援しないよう国民に求める談話を発表した。夏休み中の感染拡大を抑えるためで、さらに都道府県を越えた移動や大人数・長時間の飲食を控えるよう呼びかけた。尾身会長は「7月から8月下旬にかけての2カ月は、4連休、夏季休暇、お盆、オリンピック・パラリンピックなどが集中するため、1年以上の新型コロナウイルスとの闘いにおいて、正に山場だ。山場を乗り越えるためには、緊急事態宣言の期間中に感染拡大を少しでも抑えることが求められる」と訴えた。(後略)』
(毎日新聞 7/16(金) 16:51配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c8b029e85d37544be818c048bb28f2e7b1b5c733?tokyo2020

新型コロナ流行以来、
感染症対策分科会の尾身会長にしても、
日本医師会の中川会長にしても、
東京都医師会の尾崎会長にしても、
新型コロナ感染の責任を国民に押し付け、
その移動を抑え、行動を制限する
ことばかりを訴えている。

人の接触を100%無くすことができれば、
コロナ感染が抑えられるのは当たり前で、
そんなことは素人でもわかる。

しかしながら、日本は世界的にみて
圧倒的に感染者数も死者数も少なく、
にもかかわらず医療逼迫を
引き起こしている原因がどこにあるのか、
経済を可能な限り止めることなく、
国民に必要十分な医療を提供するには
どうすればいいか、
そうした問題に対し専門的な立場から
提言するのが彼らの役割のはずである。

新型コロナが日本に流入してから
もう1年以上経つのに、
彼らが言っているのは
外出するな、遊びに行くな、酒を飲むななど
人の接触削減、人流抑制の
ワンパターンなのである。

彼らが日本のために発言しているとは
とても思えず、僕にはどこかの活動家か、
工作員にしか見えない。

繰り返される「緊急事態宣言」も、
東京五輪の「無観客開催」も、
彼らの提言により実現したのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« なぜ東京五輪だけ無観客なのか? | トップページ | 誰も望まぬ文在寅の来日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ東京五輪だけ無観客なのか? | トップページ | 誰も望まぬ文在寅の来日 »