フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 西村大臣のワクチン義務化? | トップページ | メガソーラーと土砂崩れ »

2021年7月 3日 (土)

珍しい舛添氏の正論

『(前略)舛添氏は2日、「政治は演技である。嘘も方便。IQの低い大衆は、それを見抜けない。だから演説のとき、聴衆の中のIQ最低の人に合わせろとヒトラーは言った。トップが10日間も静養する病気の正式な診断名を誰も求めない都庁村の異常さ。首相が10日間も休めば病名公表は霞ヶ関では当然である。国政ではありえない非常識。」と投稿。(後略)』
(デイリー 7/3(土) 20:15配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4cf10ebf5b08fc27f2de2f3737afbe1e9135af26

僕は舛添氏には一貫して批判的だが、
この主張には賛成したい。

小池東京都知事が、
コロナ禍、東京五輪、都議会議員選挙という
彼女が最も必要とされる時期に
病名も明かさず10日間も入院してしまう事態に、
誰も批判的な声を上げない異常。

もし安倍総理がそんなことをしたら、
非常識な記者たちは病室まで
押し掛けたのではないか?

小池氏が入院した理由は、
都議会議員選挙で都民(小池)ファーストの会を
応援したくなかったからではないか
と言われている。
https://www.youtube.com/watch?v=Wh7SxPwbjfU

そして、それは都議会議員選挙が、
国政選挙の前哨戦ともいわれ、
二階幹事長が次の衆院選に負けるわけにはいかない
という事情が影響しているから
と言われている。

何とも自分勝手な理由だと思うが、
彼女がそんなことをしても批判の声も上げない、
都民・国民がそれを許しているのである。

30年間も国が貧困化し続けるのを放置し、
結婚も、子供を持つことも、国を守ることも
できなくなった日本は、
何をされても批判も抗議もしない
我々日本国民がつくったのだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 西村大臣のワクチン義務化? | トップページ | メガソーラーと土砂崩れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西村大臣のワクチン義務化? | トップページ | メガソーラーと土砂崩れ »