フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 盛り土の会社元幹部が責任否定 | トップページ | 東京にまたまた緊急事態宣言 »

2021年7月 6日 (火)

盛り土に問題なしと静岡県

『静岡県熱海市の大規模土石流の起点にあった盛り土について、
県は6日、現時点の調査結果として「不適正な点はなく、
危険な状態だったとの認識もない」と説明した。』
(KYODO 7/6(火) 18:49配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f69e6d433d42a68e35d5754165112bbad8fe5ac

熱海の大規模土石流の起点となった盛り土の工事は
2007年に行われたものだという。

住宅開発のためのものではと想像されるが、
盛り土をしたまま14年間も放置されていたことになる。

上記記事のように、傾斜地に盛り土をして長年放置しても、
「不適正な点はなく、危険な状態だったとの認識もない」
ということであれば、今後も豪雨が続けば、
同様の災害は起こるのではないか。

別の記事で新潟県では、
土砂災害警戒区域が1万4千カ所にも上り、
「大規模盛り土」は220カ所もあるという。
https://nordot.app/784966762706550784

要するに、今回の熱海のような大規模土石流は、
いつ、どこででも起こりうる災害であるようだ。

どうも傾斜地の開発に対する防災規制が
低過ぎるのではないかと思わずにいられないが、
傾斜地の近くに住む人々は、
豪雨の際には早めに避難するしか、
自分の身を守る方法はないようだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 盛り土の会社元幹部が責任否定 | トップページ | 東京にまたまた緊急事態宣言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盛り土の会社元幹部が責任否定 | トップページ | 東京にまたまた緊急事態宣言 »