フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« コロナに負けた東京五輪 | トップページ | 英欧州選手権6万5千の観客 »

2021年7月10日 (土)

五輪無観客にバッハの正論

『(前略)複数の関係者によると、IOCのバッハ会長は「東京などの感染状況が改善されれば(無観客を)見直すべきだ」と要望した。別のIOC関係者は、状況が深刻でない他県での競技実施を検討するよう求めた。バッハ会長は、日本のプロスポーツが有観客で開催されている点を挙げ、「五輪と別の対応で、理解に苦しむ」などと不満を口にしたという。会談後の共同声明には「感染状況に大きな変化が生じた場合、5者会談で対応を検討する」との一文が加えられていた。(後略)』
(読売新聞 2021/07/10 08:02)
https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20210710-OYT1T50086/

「他のプロスポーツが有観客で行われているのに、
なぜ五輪が無観客なのか?」

この問いに正しく答えられる日本側の関係者は
おそらくいないのではないか?

「緊急事態宣言」と言いながら人は普通に道を行き交い、
交通機関は混み合っているし、
医療機関が逼迫しているわけでもない。

何より他のスポーツは制限付きではあっても
有観客でやっており、
五輪を無観客にする理由は見当たらない。

結局、野党やマスコミなどの反日勢力が
コロナの恐ろしさを騒ぎ立て、
「感染爆発したら誰が責任を取るのか」
との責任追及に政府が負けただけなのだ。

本格的な夏の暑さがやってきたのに、
みんな一様にマスクをつけて、
誰も熱中症の危険性を指摘しない。

大した感染者数や死者数でもないのに、
繰り返し「緊急事態宣言」を出し、
五輪まで無観客にしようとする日本は、
明らかにまともではない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« コロナに負けた東京五輪 | トップページ | 英欧州選手権6万5千の観客 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナに負けた東京五輪 | トップページ | 英欧州選手権6万5千の観客 »