フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 国内のコロナ累計100万人超える | トップページ | 群馬PCR検査で200人誤判定 »

2021年8月 7日 (土)

レスリング須崎 圧倒的な金

『初出場の須崎(すさき)優衣(早大)が、金メダルを獲得した。決勝でリオ五輪銅メダルの孫亜楠(中国)にテクニカルフォール勝ちした。最軽量級は日本女子が3連覇で、2大会連続の4階級制覇となった。須崎は国際大会76連勝。国際大会に初参戦した2014年から7年無敗を誇るエースが、悲願をかなえた。(後略)』
(スポーツ報知 8/7(土) 21:24配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4a0514bf152799fdc2455f4f4bea00117317a54a?tokyo2020

全試合1ポイントも与えずに
テクニカルフォール勝ち。

須崎が次元の違う強さを見せつけた。

柔道でも、レスリングでも、
日本人が格闘技に強さを発揮すると、
自信が湧くし、誇りを感じる。

ところで、大相撲の日本人は
なぜ、あんなに弱いのだろう?

相撲界は大多数が日本人なのに、
以前はわずかな人数のハワイ勢が横綱になり、
今はモンゴル勢に圧倒されている。

大相撲を見ていると、
「日本人は足腰が弱く、非力なんだな」と
自信を失ってしまうが、
今回の五輪は日本人のひ弱なイメージを
払拭してくれた。

戦前の日本の兵士は、
外国の大男たちを軽々と投げ飛ばすほど
強かったという。

それは日本人が武道に親しんでいた
ことによると思われるが、
そんな強さを思い出させてくれるような
柔道・レスリングの活躍だった。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 国内のコロナ累計100万人超える | トップページ | 群馬PCR検査で200人誤判定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国内のコロナ累計100万人超える | トップページ | 群馬PCR検査で200人誤判定 »