フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 打てば打つほどワクチンは効くの? | トップページ | 医療体制はなぜ逼迫するのか? »

2021年8月16日 (月)

日本のコロナ治療薬はダメですか?

① 海外で日本発の薬が新型コロナに
  有効であることが伝えられる。
  アビガン(中国・ロシアなど)
  イベルメクチン(インドなど)

② 日本国内の専門家と称する人が
  アビガン・イベルメクチン
  の効果を否定し、副作用を強調。

③ 政府はワクチン接種向上に奔走し、
  唐突に抗体カクテル療法を推奨。

新型コロナに有効な治療薬が登場したら、
ワクチン接種希望者は激減するだろう。

治療薬ができれば、新型コロナ騒動は
ほぼ終息することになる。

それでは困る人々が、治療薬の承認を
妨げているのでは?というのが
僕の勝手な妄想です。

 抗体カクテル療法は点滴による投与なので、
軽症者にも手軽に使えるのだろうか?

入院や死亡のリスクを7割程度減らす効果が
確認されているとのことなので、
期待を持って見守りたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 打てば打つほどワクチンは効くの? | トップページ | 医療体制はなぜ逼迫するのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうですね

石田純一さん アビガンで回復されましたよね

イベルメクチンはインドで使用要求側が不使用を主張していた(州政府側人物)

を訴えていましたよね。

日本のマスメディアは一切報じませんが! ワクチンに転んでいるんですかね~

コメントありがとうございます。
ワクチンで医薬品メーカーは大儲けし、
医薬品メーカーの株価が上がって、
投資家も大儲けしているようです。
コロナ騒動が続けば続くほど、
その儲けは大きく膨らんでいくのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 打てば打つほどワクチンは効くの? | トップページ | 医療体制はなぜ逼迫するのか? »