フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« ファイザーワクチン正式承認 | トップページ | 異物ワクチン50万回強接種済 »

2021年8月26日 (木)

モデルナワクチンに異物混入

『米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物が混入していた問題で、東京都は26日、乃木坂接種会場(港区)で異物を確認したとの報告があったことを明らかにした。異物は20日に1瓶、22日に2瓶で発見。いずれも事前に気付いたため、接種には使わなかったという。また、乃木坂会場では18日以降、厚生労働省が使用停止を決めた製造番号のワクチンを清掃業や運送業の人ら計約2800人に接種したが、今のところ健康被害の報告はない。都は対象者に都副反応相談センターの連絡先を案内。同会場では26日の接種を中止し、新たなワクチンで27日に再開する。』
(JIJI.COM 8/26(木) 21:38配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a7a8e90e6f3a49752c34d32497a4d501ce1d58e

目視で確認できるような異物が混入したワクチンが、
出荷されるというのはどういう生産体制なのか?

異物に気づいたワクチンのみ除外し、
それ以外のワクチン接種をそのまま続けるというのは、
どういう安全感覚なのか?

普通なら食品でも、異物混入となれば同日生産の製品をすべて廃棄し、
十分な確認作業を行った後、販売再開になると思うが、
都の対応はあまりにいい加減ではないか?

『今のところ健康被害の報告はない』ようだが、
コロナワクチンには驚かされることばかりだ。

厚生労働省によると
「安全性のリスクは大きくない」らしい。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3967284091a20dd09c55b31133c929780a555b8b

 

応援のクリックをお願いします。

 

« ファイザーワクチン正式承認 | トップページ | 異物ワクチン50万回強接種済 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファイザーワクチン正式承認 | トップページ | 異物ワクチン50万回強接種済 »