フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 医療体制はなぜ逼迫するのか? | トップページ | ワクチン情報の異常な混乱 »

2021年8月18日 (水)

尾身氏「5類に変える必要はない」

『今の状況ではコロナはインフルエンザと同等というわけにはいかない。無症状者の感染者がいるという意味では同じかもしれませんが、感染すると若い人でも重症化する、あるいは感染が軽くても後遺症がこれだけ長く続く。これは明らかにインフルエンザと違います。5類に今の段階で変える必要は私はないと思います』
(Buzz Feed Japan 8/17(火) 23:36配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c12d5d643db449db719a27798685b9a1ae2ca6ec?page=3

今のままで良いということは、
入院できないで医師の診察を受けられない人は
勝手に死ねということか?

『千葉県は17日、同日公表した新型コロナウイルス感染の死亡者8人のうち、2人が自宅待機中だったと明らかにした。1人は60代の男性で、8月上旬に軽症と診断、その後中等症と判断されたものの、入院先が見つからないまま9日から酸素投与を受け、自宅待機していた。13日に自宅で倒れているのを発見され、搬送されたが、死亡が確認された。』
(KYODO 8/17(火) 21:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc6219c644487c2dad545ded015c9b994056fe1a

問題は、2類相当(1類扱い)で、入院できない場合、
新型コロナ受け入れ病院でしか治療が受けられず、
(全病院のわずか数パーセント)
医師の適切な診察を受けられないまま
重症化するまで放置されることである。

新型コロナを
インフルエンザと同じ5類に分類し、
軽症のうちに医師の診察を受けて
重症化させないように全力を尽くし、
万一、重症化したらスムーズに入院できる
システムを構築することが
最も大切ではないか。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 医療体制はなぜ逼迫するのか? | トップページ | ワクチン情報の異常な混乱 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 医療体制はなぜ逼迫するのか? | トップページ | ワクチン情報の異常な混乱 »