フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 感染者が多過ぎてできない | トップページ | 陽性者数だけで騒ぐ幼稚な日本 »

2021年8月22日 (日)

自宅療養者約9万7千人

『新型コロナウイルスの感染爆発で自宅療養者が全国で約9万7千人に上り、東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏4都県で7月以降、少なくとも18人が自宅療養中に亡くなっていたことがわかった。50代以下が9人で半数を占め、8月に入って15人と急増している。各地で病床が逼迫(ひっぱく)し、入院して治療を受けることが困難になっており、自宅療養者の急変へのケアが急務となっている。(後略)』
(朝日新聞デジタル 8/21(土) 18:50配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4353710a29d85e8d3afe8e097b5cfbaf71f0f04b

新型コロナをペストやエボラ出血熱と
同等の感染症に指定し、
医師の診療を受けられないようにしながら
自宅に放置する。

これはもはや誤った医療行政による
殺人といえるのではないか?

ペストやエボラ出血熱の感染者を
医師の診療も受けさせないで
自宅に放置するなどということが
ありうるだろうか?

こうした自宅療養者というか自宅放置者が
全国に9万7千人もいるという。

厚労省は一刻も早く2類相当(1類扱い)を見直し、
感染者全員を医師の診療を受けられるようにすべきだ。

今が見直しの最後のチャンスである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 感染者が多過ぎてできない | トップページ | 陽性者数だけで騒ぐ幼稚な日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感染者が多過ぎてできない | トップページ | 陽性者数だけで騒ぐ幼稚な日本 »