フォト

おすすめ本

  • 月刊hanada11月号
  • 月刊正論11月号
  • 月刊will11月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« 河野≒石破≒小泉 | トップページ | 河野太郎の日本語能力 »

2021年9月20日 (月)

「答えないことが答え」という無能

『(前略/小泉進次郎氏の発言)最近では珍しく舌鋒鋭かったが、記者から「河野氏のどういった政策が党風一新と感じるか?」との質問には「私は河野太郎自身が党風一新だと思っています」と“ポエム答弁”。この時ばかりは会場に“微妙”な空気が流れた。(後略)』
(スポニチアネックス 9/15(水) 5:30配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d2de16e184ec9fcffeb6916015758db66c23e24

上の記事は、小泉進次郎氏が記者の質問に答えたものだが、
こうした相手の質問に対してまともに答えない姿勢は
河野・石破・小泉の3氏に共通するものだ。

何も考えずにしゃべっているから、
核心を突いた質問をされると答えに窮し、
はぐらかすしかなくなるのである。

「河野氏の政策」について問われているのに、
「河野氏自身」と政策に関係ないことを答えとするのは
頭が悪い以上に不誠実だ。

具体的な質問を抽象的な答えで返す、
というのは不勉強で無能な政治家の特徴である。

コロコロ変わる大臣は務まっても、
国のトップは無理。

絶対に無理です。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 河野≒石破≒小泉 | トップページ | 河野太郎の日本語能力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河野≒石破≒小泉 | トップページ | 河野太郎の日本語能力 »