フォト

おすすめ本

  • 月刊hanada11月号
  • 月刊正論11月号
  • 月刊will11月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« 河野氏はなぜ答えられないのか? | トップページ | この監督は分かっていない »

2021年9月24日 (金)

回答しないと回答後に回答送る

『自民党総裁選(29日投開票)に立候補した河野太郎ワクチン担当相は23日、中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区や香港などでの人権弾圧を非難する国会決議について、民間団体のアンケートで「時期は分からないが、採択すべきだ」と回答した。総裁選に出馬した4氏全員が決議採択に前向きな考えを明らかにした形となる。 河野氏は決議について「国会において、議論されるべき」とした上で「基本的人権の尊重や法の支配等は、大切な価値観で、同様の認識を持つ各国と連携しながら、人権侵害等の問題に対処すべき」と回答した。 アンケートでは、高市早苗前総務相と野田聖子幹事長代行は「年内の臨時国会で直ちに採択すべき」と回答。一方、岸田文雄前政調会長と河野氏は「時期は分からないが、採択すべき」とし、目標時期について4氏で温度差がある。 アンケートは日本ウイグル協会など13団体でつくる「インド太平洋人権問題連絡協議会」が実施した。河野氏側だけは22日までに同協議会に「回答しない」と連絡したが、23日午後に回答が送られてきたという。』
(産経新聞 9/24(金) 1:13配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/cf22d26deadcf2457bd8a2b3eb7753fd4424cac5

河野太郎という男は、
判断力を求められるところで間違った判断をする
地頭の悪い政治家のようだ。

日本ウイグル協会などから
「対中非難決議を国会で採択すべきか?」と質問されたら、
答えは「採択すべき」の一択なのだ。

それ以外の回答は考えられないから、
他の3候補は即座に「採択すべき」と回答した。

ところが河野太郎は「回答しない」という回答で
逃げ切れると判断したのである。

これまでは一大臣であり、
左派的政治姿勢から反日マスコミに叩かれることも少なく、
いわばやりたい放題だったわけだ。

ところが総理候補ともなれば
そうはいかない。

結局、これまで何度も書いてきたが、
河野太郎は総理・総裁の器ではないのである。

万一、自民党の総裁になれたとしても、
麻生副総理が予言された通り、
短命で終わるだろう。

自民党は次の衆院選挙で大敗したくないなら、
今が最後のチャンスである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 河野氏はなぜ答えられないのか? | トップページ | この監督は分かっていない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河野氏はなぜ答えられないのか? | トップページ | この監督は分かっていない »