フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 新型コロナ騒動の正しい終わらせ方
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 性的暴行で9回目の逮捕 | トップページ | 男系天皇は一つのあり方? »

2021年9月 8日 (水)

ご懸念には及びません?

『自民党総裁選で出馬の意向を固めている河野規制改革相は、安倍前首相と会談し、出馬する考えを伝えた。河野規制改革相は8日午後0時半ごろ、国会内にある安倍前首相の議員事務所を訪ね、およそ20分会談した。関係者によると、この中で河野氏は、安倍氏に対し「総裁選に出馬させていただきます」と伝えたという。また、女系天皇を容認する考えを示すなど、党内から反発の声が出ていることなどを念頭に「ご懸念には及びません」と述べたという。河野氏は、党内に影響力の大きい安倍氏と会談し、直接出馬する考えを伝えることで理解を広げたい考え。』
(FNNプライムオンライン 2021年9月8日)
https://www.fnn.jp/articles/-/236029

自民党総裁候補として有力視されている河野太郎は、
政治信条や政策について他の候補と議論する段階で
消えていくと思う。

自らのブログで「女系天皇容認論」を展開してきた男が、
「ご懸念には及びません」などというふざけた言い方で、
党内の反発を解消できるとでも思っているのだろうか。

そもそも「女系天皇」などというものは存在せず、
男系継承の否定は「天皇廃止論」なのである。

「日本から天皇をなくしてしまおう」という人間が、
日本の総理大臣になることがあってはならないし、
絶対にならないと確信している。

その他、原発の再稼働についても「当面容認」と
発言を変えてきているようだが、
今後さらに拡大していく電力需要を
どうやって賄っていくのか、
筋の通った説明が求められるだろう。

ふだん何も考えていない人間が、
総裁選になったからといって
周りを納得させられる考え方など
示せるわけがない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 性的暴行で9回目の逮捕 | トップページ | 男系天皇は一つのあり方? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性的暴行で9回目の逮捕 | トップページ | 男系天皇は一つのあり方? »