フォト

おすすめ本

  • 月刊正論2月号
  • 月刊Will2月号
  • 月刊will1月号
  • 月刊正論1月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« 野党は政権担当能力ゼロ | トップページ | 岸田新内閣の陣容固まる »

2021年10月 2日 (土)

新型コロナは自然に増え収束する

『全国知事会(会長・平井伸治鳥取県知事)は2日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が全面解除されたことを受けてオンライン会議を開き、国への提言をまとめた。「第5波」に講じた対策の効果などを検証・総括した上で、次の感染拡大に備え有効な具体策を示すよう求めている。(後略)』
(JIJI.COM 10/2(土) 11:58配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/08568150c962e3317b118a3549dff030a2ac4cfd

国内最大の新規陽性者数を出した
新型コロナ第5波は、緊急事態宣言発出中に増え始め、
緊急事態宣言発出中にピークを迎え、そして収束した。

人流が増加したから陽性者が増えたわけでも、
人流が減少したから陽性者が減ったわけでもない。

新型コロナ第5波に、
緊急事態宣言は何の効果も発揮しなかった
と断言しても良いのではないか?

第5波が始まった頃に、
ワクチン接種者は50%に近づいていたので、
ワクチン接種もコロナ収束には
あまり関係がなかったように思われる。

第5波がなぜ突然収束したのか
ということに疑問を感じる人が多いようだが、
グラフを眺めていればわかるように
新型コロナはピークを中心に
左右がほぼ対称の山になっている。
https://news.yahoo.co.jp/pages/article/20200207

つまり、陽性者が急激に増えたときは急激に減り、
緩やかに増加したときは緩やかに減少する。

インドや米国など他国のグラフを見ても、
ほぼ同様の曲線を描いている。

結局のところスウェーデンのように、
特別な対策をとらないというのが、
経済への影響などを考えても
最も賢いやり方ではないだろうか。

ただし、今後致死率の非常に高い感染症が
流行したときに備えて、
海外からの人の流入をシャットアウトしたり、
国内のロックダウンを可能とする
法整備は必要だろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 野党は政権担当能力ゼロ | トップページ | 岸田新内閣の陣容固まる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野党は政権担当能力ゼロ | トップページ | 岸田新内閣の陣容固まる »