フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« コロナワクチン5~11歳も接種申請へ | トップページ | 裁判官の国民審査にも参加しよう! »

2021年10月29日 (金)

インドの首都で抗体保有率97%

『インドの首都ニューデリーで、新型コロナウイルスの抗体保有率が97%に上ったことが地元当局の調査でわかった。新規感染も激減しており、集団免疫に近い状態を獲得した可能性がある。感染を防ぐのに必要な抗体量がいつまで維持できるのかや、新たな変異型に効果があるかは不明だ。(後略)』
(読売新聞オンライン10/29(金) 18:50配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2fb5bdde856657ecbba3b2defc48adc9f5d996f8

インドの首都ニューデリーでは、
新型コロナの抗体保有率が97%に上り、
集団免疫を獲得した可能性が高いという。

インドのワクチン接種完了者は、
10月29日時点で22.74%に過ぎないので、
ワクチン接種とは関係なく
集団免疫を獲得したことになる。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/world_progress/

当然のことだが、新型コロナに感染すれば
ワクチン接種より強力な抗体を獲得するわけで、
4月から5月の感染拡大により
抗体保有が一気に広がったのだろう。

首都の新規感染者は100人を下回っており、
インドよりさらに新規陽性者数が少ない日本も
7月後半から9月前半の感染拡大により
集団免疫を獲得したと言えそうだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« コロナワクチン5~11歳も接種申請へ | トップページ | 裁判官の国民審査にも参加しよう! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナワクチン5~11歳も接種申請へ | トップページ | 裁判官の国民審査にも参加しよう! »