フォト

おすすめ本

  • 月刊hanada12月号
  • 月刊正論12月号
  • 月刊will12月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 日本人は豚になる
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« ワクチン接種証明の論理破綻 | トップページ | 財務事務次官の憲法違反 »

2021年10月 9日 (土)

コロナ激減しても人混み避けよ

『東京都内では9日、新たに82人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、ことしに入って最も少ない人数となりました。
また、都は感染が確認された9人が死亡したことを明らかにしました。
都の担当者は「繁華街の人流が急増しているというデータもあり、今後も減っていく保証はないので人混みを避けるなどしてほしい」として引き続き、感染対策への協力を呼びかけました。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2021年10月9日 18時35分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211009/k10013300141000.html

コロナ陽性者が激減しても、
都民は自由にさせてもらえない。

今も飲食店は時短の制限を受けているし、
都民は人混みを避けなければいけない。

最大の第5波が緊急事態宣言発令中に
発生したところを見ても、
人流抑制といった対策は何の意味もない。

新型コロナの変異株は自然に広がり、
その変異株に対する免疫が広く獲得された
ところで収束していく。

スウェーデンのように特別な対策をしなくても
感染を抑え込んでいる国もある。

米・英・イスラエルのように
ワクチン接種に力を入れても
感染を抑え込めない国もある。

最大5773人まで増えた新規陽性者が
83人まで減れば
ほぼ収束と考えて間違いない。

僕には東京都が新規陽性者ゼロになっても、
「リバウンドしない保証はない」といって
行動制限を続けるような気がする。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« ワクチン接種証明の論理破綻 | トップページ | 財務事務次官の憲法違反 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワクチン接種証明の論理破綻 | トップページ | 財務事務次官の憲法違反 »