フォト

おすすめ本

  • 月刊正論2月号
  • 月刊Will2月号
  • 月刊will1月号
  • 月刊正論1月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« 岸田新内閣の陣容固まる | トップページ | 小泉氏に学ぶ大臣に必要な知性 »

2021年10月 4日 (月)

河野氏自分に120点をつけてしまう

『河野太郎ワクチン担当相は4日の退任記者会見で、約1年に及んだ在任期間中の仕事ぶりへの自己評価を問われ「100点満点で120点くらい頂けるのではないか」と述べた。具体的には新型コロナウイルスワクチン接種の加速、規制改革担当相としての再生可能エネルギー導入推進などを挙げた。
菅義偉内閣の成果として、行政のデジタル化や、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出方針などを強調。「非常に中身の濃い1年だった。歴史の中で評価されるべきだ」と振り返った。』
(THE SANKEI NEWS 2021/10/4 12:48)
https://www.sankei.com/article/20211004-MOBI537RTBLN3OSMJ5RVX2QKJ4/

自分の仕事ぶりに120点をつけてしまうのは、
甘やかされて育った人間特有の非常識さだろうか。

普通ならジョークとしか思えない回答だが、
記者たちは額面通りに受け取ったようだ。

ワクチンの供給については菅前総理自身が
米国へ行って交渉したものであり、
河野氏はどういう貢献をしたのだろう?

たぶん120点という高評価の理由を聞かれても、
「私はそのように信じている」とか適当なことを言って
具体的な事柄については触れないだろう。

総裁選で見せた皇位継承・脱原発・
ブルーリボンバッジなどの一貫性のなさ、
年金問題をはじめとする政策に関する考えの浅さなどから
ワクチン接種の加速は素直な国民性と
現場力に帰するものと考えられる。

「小石河」の無能ぶりは
今回イヤというほど見せつけられたので、
自己評価120点というのは
この男の「厚顔無恥」を
満天下に晒したものと言えるだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 岸田新内閣の陣容固まる | トップページ | 小泉氏に学ぶ大臣に必要な知性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岸田新内閣の陣容固まる | トップページ | 小泉氏に学ぶ大臣に必要な知性 »