フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 抗体カクテル1回31万円 | トップページ | 東京で新規陽性者36人 »

2021年10月19日 (火)

英でコロナ再拡大

『英国で新型コロナウイルス感染が再拡大している。1日当たりの新規感染者数は18日に4万9156人と、コロナ規制が全面的に解除される数日前に当たる7月17日以来の最多を記録した。 英国の感染者数は先月60%超急増し、現時点で他の西欧諸国を大幅に上回っている。 英国では7月19日から、屋内でのマスク着用義務、バーやレストランの人数制限、集会の人数制限などが撤廃された。 感染者数は先月に新学期が始まって以降、着実に増加しており、成人の感染が減少する半面、子どもの感染が増えているという。』
(ロイター 10/19(火) 5:44配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/facf92502ddd2592d44f7558417217205e945cce

ワクチン接種が進んでいる英・米・イスラエルなどで、
コロナ感染が収まらない。

記事を読むと子供の感染が増えているとか、
ワクチン未接種の人の間で感染が広がっているとか、
コロナ規制の解除で国民の気が緩んでいるとか
様々な理由がこじつけられているが、
要するにワクチンではコロナを収束させられない
ということではないのか?

当初はワクチン接種が国民の6割を超えたら
集団免疫が獲得され、コロナが収束し、
国民は自由な生活を取り戻せると
言われてきた。

ところがワクチン接種が進んでいる
英・米・イスラエルにして
このありさまである。

最も強い抗体を獲得するのは
コロナ感染者なのだ。

全世界で膨大な数の人々がコロナに
感染しているのだから、
そろそろ集団免疫が獲得され、
コロナは自然に収束に向かうのではないか。

日本を含めて、欧州やアジアの多くの国で
コロナは落ち着いてきている。

しかしながら、コロナが再拡大する国も、
収束している国も、ワクチン接種の大号令だけは
変わらず続いている。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 抗体カクテル1回31万円 | トップページ | 東京で新規陽性者36人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 抗体カクテル1回31万円 | トップページ | 東京で新規陽性者36人 »