フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 外国人に日本人並みの住民投票権 | トップページ | 海外からコロナ感染者が続々来日 »

2021年11月12日 (金)

モデルナ接種後心筋炎で4人死亡

『厚生労働省は12日に開いた副反応に関する専門部会で、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、男性4人が心筋炎を発症し死亡したと報告した。うち2人は20代男性で、若い男性へのモデルナ接種を巡っては、心臓の筋肉に炎症が起こる心筋炎などが出る割合が比較的高いとして、厚労省が注意を呼び掛けている。心筋炎で死亡した事例が報告されたのは、モデルナ製では初めて。接種との因果関係はいずれも評価不能とされた。先行したファイザー製でも死亡事例は13例あり、若い男性に限ると20代の死亡例が1例ある。報告によると、死亡したのは20代2人と40代2人。』
(KYODO 11/12(金) 19:41配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c1dfd314c26c9d0707cbc35e1f2e5368cb87815f

新型コロナに感染してもほぼ死ぬことのない
20~40代の男性が、モデルナワクチン接種後
心筋炎を発症して死亡した。

ワクチン接種と死亡との因果関係は
評価不能だという。

当初、任意と言われたコロナワクチン接種は
徐々に強制性を増しており、
海外ではワクチンを打たないと
様々な不利益を被るようになってきている。

日本でも同様の状況になりつつあるが、
ワクチン接種後の健康被害に
メーカーは責任を負っておらず、
政府に対応が委ねられている。

で、評価不能とはどういうことか?

ワクチン接種後の死者はもう千人を超えているが、
「ワクチン接種と死との因果関係は認められない」
という評価が数件あるだけで、
大多数が「評価できない」となっている。

政府がワクチン接種を強力に推奨しておきながら、
死者が出たら「因果関係は評価不能」とは
何たる無責任か。

とはいえ、「因果関係が認められる」
というふうに評価されたとしても、
それが発表できるかと考えると疑問がわく。

そんな発表をしたら、
誰もワクチンを打たなくなってしまうからだ。

いまやワクチンは打つことが目的化している
ような印象すら受ける。

そもそもワクチンを接種しても、
コロナに感染する可能性が無くならないのに
ワクチンパスポートなる接種証明が
成立すること自体がおかしい。

ワクチンを打ってもコロナに感染し、
他人に感染させる可能性があるということは、
ワクチン未接種者との基本的な差は
何もないということになる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 外国人に日本人並みの住民投票権 | トップページ | 海外からコロナ感染者が続々来日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外国人に日本人並みの住民投票権 | トップページ | 海外からコロナ感染者が続々来日 »