フォト

おすすめ本

  • 月刊正論2月号
  • 月刊Will2月号
  • 月刊will1月号
  • 月刊正論1月号
  • ザ・ロスチャイルド
  • 戦うことは「悪」ですか
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか

« オミクロン株の警戒度を最高レベルに | トップページ | 来日ナミビア人がオミクロン感染 »

2021年11月29日 (月)

外国人入国禁止(特段の事情除く)

『外国人、10月は約3万3千人が特段の事情で入国。政府側からはこれまで同様、例外として認める方針と外交部会で答弁。これでは水漏れ、抜け穴になる。総理が全世界から外国人入国停止と言っても特段の事情でオミクロン株が入って来る可能性も。外交部会から政府に強く是正を求めた。回答を待つ。』
(佐藤正久氏のツイートより 2021年11月29日)
https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1465251866594271232

「全世界を対象に外国人の入国禁止」を目にしたときは、
日本政府を見直す気分になったのだが、
「特段の事情」というのがあったのですね。

ウイルスに対する水際対策は完全でなければならず、
わずかな穴からでもウイルスは侵入してくる。

10月だけで3万3千人もの外国人が
「特段の事情」で入国しているということだから、
どこが「特段」なのかよく分からないが、
かなり大きな穴が開いているということだろう。

オミクロン株に関しては、
コロナ騒動が始まって以来つづいている、
「情報を与えずに不安を煽る」という手法がとられており、
具体的には何も分からないものの
非常に恐ろしいウイルスであるというイメージが
植えつけられている。

そして、オミクロン株の対策としては、
相も変わらず「ワクチンを打て」というのが
結論なのだからバカバカしくなる。

とりあえず、オミクロン株はいかなるウイルスなのか
冷静に見ていく必要があるだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« オミクロン株の警戒度を最高レベルに | トップページ | 来日ナミビア人がオミクロン感染 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

中韓は対象国から外されているようです。

遠藤健太郎ブログより

http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post8438/

確かに対象国に中国・韓国の名は見当たりませんね。この2か国は入国禁止の対象にならないのでしょうか?もし、そうであれば、そのように発表しないとおかしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オミクロン株の警戒度を最高レベルに | トップページ | 来日ナミビア人がオミクロン感染 »