フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 新型コロナ騒動の正しい終わらせ方
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月31日 (金)

コロナとCO2と不自由

今年もコロナやCO2により、
世界がひとつの方向に
引っ張られた年でした。

操られていることを自覚しないと、
必要もないのに隔離され、
効かないワクチンを打ち続けたり、
意味のないCO2削減のために
我慢を強いられます。

性自認などという冗談が
まじめに議論され、
女子トイレを男が利用し、
女子競技に男が進出するという
理解不能の悪夢が
現実になりつつあります。

壮大な嘘が人々を惑わせ、
この世をどんどん
住みにくくしていきます。

さて、来年はこの状況が強化されるのか、
それとも少しは押し戻すことができるのか、
とりあえず簡単に騙されないように
正気は保っておきたいものです。

今年一年、ありがとうございました。

来年は1月4日から更新します。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月30日 (木)

検察は国民を舐めている

『静岡・浜松市内の倉庫で覚醒剤が混入された炭およそ24トンを所持したとして逮捕されたブラジル人の男性ら5人が不起訴処分となりました。 ブラジル人の男性(54)ら5人は、浜松市内の倉庫で覚醒剤が混入された炭およそ24トンを所持した疑いで逮捕されました。  東京地検はその後、覚醒剤密輸の疑いで捜査を進めていましたが、28日付で男性らを不起訴処分としました。不起訴の理由については明らかにしていません。』
(テレ朝news 12/28(火) 21:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/55a3a6e34ecc8270b142da1a867e15ac87fa77ad

女性がレイプされても不起訴。
覚醒剤が混入した炭24トンを密輸しても不起訴。

検察はその理由を説明せず、
日本国民にはさっぱり意味が分からない。

こんな状態を放置して済まされると
検察は考えているのだろうか?

日本国民に説明する必要などないと
思っているのだろうか?

国民を舐め切った検察と、
それを放置する政治の不作為。

日本は国家の基礎が腐っている。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月29日 (水)

仏国で過去最多約18万人新規感染

『フランスの保健当局は28日、新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者が17万9807人となり、過去最多になったと発表した。オミクロン株の急速な増加が理由とみられる。欧州でこれまで最多だった英国の記録を上回った。仏政府がクリスマス休暇前の検査を呼びかけたことも増加の要因とみられている。仏政府は、来年1月初めまでとしていたナイトクラブの閉鎖をさらに3週間延長する
英国では28日、1日当たりの新規感染者数が過去最多の12万9471人だった。』
(読売新聞オンライン 12/29(水) 22:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/c198f6575ddefc526e9b8271e57c8ae4103f198a

欧州の感染拡大を見ると、
日本が500人程度の新規感染で騒いでいるのが、
かわいく見える。

仏国ではナイトクラブの閉鎖を延長したようだが、
閉鎖している間にも新規感染が増え続けているのに、
それを延長して何の意味があるのだろうか?

重症化しにくいオミクロン株による感染拡大なら、
放置しておけばいいのにと思う。

新型コロナによる混乱で、
世界は冷静な判断力を失っているようだ。

いずれにしても集団免疫を獲得するしか
新型コロナを収束させる方法はないのだから、
効かないワクチンを打つよりも、
多くの人がオミクロン株に暴露した方が話は早い。

それにしても欧米は
これほど多くの感染者を出しているのに、
なぜ、いつまで経っても集団免疫を
獲得することができないのだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月28日 (火)

増える陽性者数と入院者数

『厚労省はきょう、空港の検疫で新たに71人の新型コロナ感染が確認されたと発表しました。一日に発表された検疫での感染確認人数としては過去最多で、今後、オミクロン株かどうか遺伝子解析が行われます。また、JNNの午後5時半時点でのまとめでは、新型コロナウイルスについて、きょう全国でこれまでに370人の感染が発表されました。(後略)』
(TBS NEWS 12/28(火) 17:44配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/942491a7242dc73c530f1a42d83b4ca02e625fcb

日本ではデルタ株の集団免疫が
達成されているので、
デルタ株の陽性者が多数入国しても
流行することはない。

今後はオミクロン株が流行すると予想されるが、
オミクロン株は重症化しにくいといわれており、
あまり心配する必要はない。

しかし、新型コロナが指定感染症2類相当
(1類扱い)に指定されている限り、
陽性者は隔離されなければならず、
その場合、軽症であっても病床が空いていれば
入院ということになるのではないか。

東京都の重症患者数は
12月1日 4人→12月28日 2人と
増える気配は全くないが、
入院者数は
12月1日 74人→12月28日 203人と
ジワリと増えてきている。

東京都の確保病床は4669床あり、
今のところ全く心配はないが、
陽性者数の増加につれて入院者数が増加すると
知事や専門家、病院関係者が
病床逼迫などと騒ぎ立てないか心配だ。

彼らは、かなり早い段階で
「病床逼迫の可能性」などと、
実態に関係なく今後の可能性について
騒ぎ始めるのである。

世界は重症化しないオミクロン株でも、
これまでと同じように混乱し、
人々の動きを管理・抑制している。

日本では二度とあんな馬鹿げた事を
繰り返してはならない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月27日 (月)

オミクロン株で普通の生活へ

『世界中に拡大している新型コロナウイルスのオミクロン株について、感染の波はこれまでの変異株と比べて穏やかだとみられるとする予備段階の研究結果が、イギリスと南アフリカでこのほど発表された。初期の証拠では、オミクロン株に感染して病院での治療を必要とする人は、他の変異株よりも推定30~70%少ないことが示されている。一方で、たとえオミクロン株の症状が軽度であっても、非常に多くの感染者が出れば病院がひっ迫するかもしれないという懸念は残る。こうした中、イギリスでは22日、1日の新規感染者数が初めて10万人を超えた。(後略)』
(BBC NEWS 2021年12月23日)
https://www.bbc.com/japanese/59751506

他国に先駆けてオミクロン株が拡大した
南アフリカや英国では、
重症化する人が非常に少なかったという。

「感染しやすい=重症化しにくい」という
感染症の特性から見て、
これは予想された結果でもある。

新型コロナは変異を繰り返すうちに
感染力を強めるとともに
弱毒化してきているようだ。

常識的に考えれば、
もはや新型コロナはペストと同レベルの
指定感染症2類相当(1類扱い)から
インフルエンザと同じ5類に格下げし、
普通に病院で治療が受けられるように
するべきだと思う。

これまでの欧米と日本における
新型コロナのまん延状況の違いから見て、
日本ではさらに重症化する人は
少ないだろう。

オミクロン株は我々に
普通の生活を取り戻す絶好の機会を
与えてくれたと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月26日 (日)

超富裕層が世界を貧困化する

『世界上位1%の超富裕層の資産が今年、世界全体の個人資産の37.8%を占めたことが、経済学者ら100人超による国際研究で分かった。下位50%の資産は全体のわずか2%だった。コロナ禍で落ち込んだ景気への刺激策で株式などの資産価値が急騰、格差が一段と広がった。 特に最上位の2750人だけで3.5%に当たる13兆ドル(約1490兆円)超を占め、富の集中は鮮明。研究報告書は「不平等は今後も広がり続け、巨大な水準に達する」と懸念し、富裕層や巨大企業への課税強化が不可欠だと訴えた。日本も富の分布は「西欧ほどではないが非常に不平等だ」と指摘した。
(KYODO 12/26(日) 16:02配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/7795ec1d52f102ad05320f9a39606bdd7f90cb97

累進課税が正しく機能すれば、
こうしたことは起こりようもないと思われるが、
超富裕層は様々な手段で税金を逃れており、
不平等感は今後も高まるだろう。

富裕層が税金を逃れ、
貧困層からはほとんど税金が取れないため、
中間層の負担だけが高くなっていく。

日本の国民負担率(税金+社会保障費)は、
1970年に24.3%だったものが
2021年には44.3%に達しているという。
https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00998/

それでも世界的にみれば
決して高い方ではないのだが、
欧米と比べて日本はこの30年経済成長しておらず、
給与が増えない中で負担だけが増え続けており、
いずれ国民の不満は限界を超えるだろう。

経済成長を取り戻し、
国民負担率をこれ以上増大させない
政策が求められるが、財務省はこの30年間、
一貫して日本の経済成長を邪魔しており、
財務省の言いなりの岸田政権に
期待するのは難しい。

野党はほとんどが反日で、
自民党にも反日議員が多数送り込まれており、
政治に多くを期待できない状況ではあるが、
それでもこの状況を変えることができるのは
政治だけなのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月25日 (土)

空港検疫で56人感染判明

『空港の検疫で、1日あたりでは過去最多となる56人の新型コロナウイルスへの感染が確認された。 空港検疫で感染が確認されたのは、12月18日から24日にかけて、成田、羽田、中部、関西国際空港に到着した10歳未満から60代の男女56人。1日に判明する感染者数としては、2020年2月に空港検疫で新型コロナの検査を始めて以来、最多となる。 入国時の検査や施設待機中の検査によって感染が判明したもので、ゲノム解析で「オミクロン株」に感染しているかを調べることになる。』
(FNNプライムオンライン 12/25(土) 19:51配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4332a391ebd06b2cbbd38defb58ee2efd9782439

東京の今日の新規感染者数が38人なのに、
空港検疫で1日に判明した感染者数が56人とは
あまりにも多すぎる。

日本への入国者には、『出国前72時間以内に実施した
COVID-19に関する検査による「陰性」であることの
検査証明の提出』が求められており、
しかも現在は水際対策の強化で入国が厳しく
制限されているはずなのだ。

出国前の検査がザルなのか、
日本の検査が厳しすぎて偽陽性が発生しているのか、
よく分からないが、
海外から大量の感染者が入国してくるのは気分が悪い。

こうした海外からの感染者が
たとえ日本国民にうつさなかったとしても、
彼らが病床を埋めていくなど、
日本のコロナ対策に影響を与えることは
避けられない。

日本は世界で最も厳しい水際対策を
実施しているとされているのだが、
それは事実なのだろうか???

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月24日 (金)

外国製コロナ飲み薬は簡単に承認

『アメリカの製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルスの飲み薬を、厚生労働省が24日夜承認しました。重症化を防ぐ初めての飲み薬で、来週から患者が服用できるよう全国の医療機関などに配送することにしています。
メルクが開発した新型コロナの飲み薬「モルヌピラビル」について、厚生労働省は24日、国内での使用を承認しました。
対象は、発症から5日以内の軽症から中等症の患者のうち、18歳以上で、重症化リスクがある人で、1日2回、5日間服用するとしています。
胎児に影響が出るおそれがあるとして、妊娠中の女性は服用しないこととしています。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2021年12月24日 21時00分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211224/k10013402881000.html

『胎児に影響が出る恐れがある』という副作用は
アビガンと似ている。

オミクロン株に対する効果については、
厚労省が「会社側はほかの変異ウイルスと同じ程度と説明」
としているが、『臨床試験で効果が確認されていない』と
疑問視する声もあるという。

また『有効性や安全性に関するデータが限られている』
という指摘もあったようだが、アビガンの時とは違い、
厚労省はすんなりと承認することにしたようだ。

メルク社といえば、
イベルメクチンを開発したメーカーだが、
イベルメクチンには世界的に新型コロナに対する
効果を示すデータが多く挙げられながら、
メルク社はその承認申請に積極的に動かなかった。

その理由として、『特許権のなくなったイベルメクチンを
いまさら新型コロナの治療薬として適応を取り付けても、
経済的なうまみは何もないという側面もあるのではないか』
とささやかれている。
https://www.yomiuri.co.jp/choken/kijironko/cknews/20210427-OYT8T50019/

『体重70キロの患者の治療に必要なイベルメクチン
(日本では「ストロメクトール」)の薬価は、
日本では約3500円だが、世界的な相場は数百円』だという。

メルク社は新型コロナの飲み薬「モルヌピラビル」
の薬価を明らかにしていない。

医療機関を通じて国から無料で配布されるため、
患者の自己負担はないということだが、
その価格を知ればみんな驚くのではないか?

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月23日 (木)

コロナ感染者増加の意味

『新型コロナの新たな感染者について、23日午後6時半時点の全国の発表を見ていきます。東京都が23日に発表した新たな感染者は37人で、6日連続で前の週の同じ曜日を上回りました。入院患者は、1週間前と比べ80人から155人と倍近く増えています。変異ウイルス「オミクロン株」については、空港の検疫だけで新たに33人の感染が判明しています。  都道府県別では、神奈川は東京と同じ37人。オミクロン株の市中感染が明らかになっている大阪と京都は、それぞれ33人と10人です。新たに発表された死者は2人でした。』
(TBS NEWS 12/23(木) 19:43配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/6904bd4d03dd08e8c37ca1283a1cf030de8e180e

コロナ感染者増加の原因を探ってみると、
まず空港検疫で見つかる感染者の異常な多さが
挙げられるだろう。

オミクロン株の感染者は160人を超えたようだが、
その多くが空港検疫で見つかったものだ。

デルタ株も含めれば、
空港検疫で発見される感染者は
相当な数に上るだろう。

もう一つは、日本国内の在日外国人の間で
感染が広がっている可能性だ。

厚労省は感染者の国籍を公表しないが、
日本人の間では集団免疫が達成されているので
(そうでなければ陽性者がここまで減ることは
考えにくい)日本人以外の感染者の増加が
想像されるのだ。

入院患者が倍近く増えているというが、
これもその多くを外国人が占めている
可能性が高い。

もしくは軽症者も入院させているかだ。

とにかく日本人の陽性者が増加するのは
オミクロン株が広がってからだろう。

いまのところ本格的に市中感染が
広がっているとは思えないが、
これだけ海外から感染者が入国してくれば
いずれは大きな流行になるだろう。
(水際対策って何をしているのか?)

とりあえずオミクロン株は重症化しない
と言われているので、
感染者が増えたからといって
過剰な対策はやめてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月22日 (水)

日本では性的暴行OKなの?

『今年10月、東京・上野の「アメ横」の路上で20代の女性に性的暴行を加えようとしたとして、今月、逮捕された24歳の男性について、東京地検は21日付で不起訴処分としました。東京地検は不起訴の理由を明らかにしていません。』
(日テレNEWS 12/22(水) 20:12配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/66cd910eccc5c7764e7b26e27ee42695ed94012f

不倫やセクハラで大騒ぎする癖に、
性的暴行を不起訴にし、
理由も説明しない日本って何なのだろう?

これでは日本では性的暴行はOKなのと
誤解されないだろうか?

もし不起訴の理由が示談であれば、
日本ではレイプしても金を払えば
無罪放免ということになる。

性的暴行と暴行致死、暴行殺人は
状況次第で紙一重だ。

性的暴行犯を安易に放免して
世の秩序は保たれるのだろうか?

この性的暴行犯には前科も何も
残らないのである。

 

応援のクリックをお願いします。

 

 

2021年12月21日 (火)

意味のないワクチン接種証明

『新型コロナワクチンの接種を済ませていることをスマートフォンで証明する専用アプリの運用が、20日から始まります。デジタル庁は新型コロナへの対応でも、デジタル化を進めることで利便性の向上につなげたいとしています。このアプリは、新型コロナワクチンの接種を済ませた人がマイナンバーカードを使ってスマートフォンであらかじめ接種日やワクチンの種類を登録し、いつでも表示できるようにするものです。国内では飲食店やイベント会場などでワクチンの接種済みを証明できるほか、海外に渡航する際は、現在76の国と地域で待機措置の短縮などが受けられるということです。(後略)』
(NHK NEWS WEB 2021年12月20日 5時17分)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211220/k10013395071000.html

ワクチンの接種証明が有効なのは、
ワクチンを打てばコロナに感染しないことが
証明されている場合のみだ。

欧米ではワクチンを7割の人が接種しても、
感染拡大が止まらない。

デルタ株もそうだが、
新たな変異株のオミクロン株には
ほとんど効果がない。

効果のないワクチンを打ったことの証明に
何の意味があるのか?

コロナが発生してから人類は
論理的な思考ができなくなって
しまったかのようだ。

オミクロン株には効かないことを知りながら、
それでも対策はワクチンを打つことだという。

海外のニュースを見ていると、
頭がクラクラしてくる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

海外から到着の41人感染

『厚生労働省は20日、
海外から成田、羽田、中部、関西の各空港に到着した
10歳未満~70代の男女41人が
新型コロナウイルスに感染していたと発表した。(後略)』
(THE SANKEI NEWS 2021/12/20 19:22)
https://www.sankei.com/article/20211220-5OQGHG7CYNOVJHV25PBAT5GM44/

感染者が日本人か外国人か、
ワクチン接種の有無、
海外で搭乗する前に検査を受けたのか否か、
こうした情報がなければ、
真相は何も分からない。

そもそも水際対策を強化しているのに、
なぜこんなに多くの感染者が
日本にやって来るのか。

こんなコロナの実態を知らせようとしない
意味不明な記事を書き散らかしているから、
新聞なんか誰も読まなくなって
しまうのだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月19日 (日)

わいせつ教員復職を厳格化

『5月に成立した新法「教員による児童生徒性暴力防止法」に基づき、文部科学省が策定した「基本指針案」の全容が明らかになった。子供へのわいせつ行為で教員免許を失効した元教員が免許を再取得しようとする場合、更生したことを証明する書類の提出を求める。失効者の40年分の処分情報をデータベース化するなど、教員としての現場復帰が極めて難しくなる見通しだ。(後略)』
(読売新聞オンライン 12/19(日) 5:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/128891e13010cb105168a209300193cae5729b7a

わいせつ教員がほぼ野放し状態で、
性暴力により懲戒免職・解雇されても
3年たてば免許を再取得できるという
恐るべき事態が解消されるなら
喜ばしいことだ。

本来なら教員に完全に
戻れなくなる制度が望ましいが、
現実的に現場復帰が極めて
困難になる法律ということで、
抜け穴のないよう厳格に
執行してもらいたい。

そもそも性犯罪者は更生が難しく、
更生証明を提出したところで、
わいせつ行為を止められるかどうかは
誰にも分からない。

加害者が安易に行為に及ぶのに対して、
被害児童・生徒の受ける
肉体的・精神的被害は甚大で、
発生してしまえば取り返しがつかない。

現実には発覚する数倍の被害が
発生していると思われ、
事件を訴えたり、発見しやすくする制度も
求められるだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月18日 (土)

在沖米軍で133人がコロナ感染

『沖縄県は18日、在沖米軍で新たに133人がコロナ感染したと発表した。そのうち、前日に100人規模の感染情報のあったキャンプ・ハンセンでは131人。米軍から報告があったという。米軍の累計患者は3029人となった。同基地では勤務するうるま市の男性がオミクロン株に感染したことが確認されている。一方、県内の新たな感染者は6人だった。前週の土曜と同数で、一昨日に続き今月最多に並んだ。累計で5万377人。』
(琉球新報 12/18(土) 15:35配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7362c5f073e825d0ab6c5fed770a83841c3ca59

昨日の記事の続きになるが、
日本全体の新規陽性者数が200人前後なのに、
在沖米軍の新たな感染者数が133人だという。

これをみても同じ日本に住んでいながら、
日本人に比べて外国人のほうが
いかにコロナに感染しやすいかが分かるだろう。

日本の新規陽性者数200人の中に、
多くの外国人が含まれているのではないか
との疑いを抱くのもこうした事情による。

日本国民が集団免疫を獲得したのは
デルタ株に対してであって、
オミクロン株に対してはいまだ免疫は
獲得していない。

水際対策の徹底により
外国人の入国を止めるという話だったが、
毎日のように大量の外国人が
コロナウイルスを持ち込んでいるようなので、
今後のオミクロン株の市中感染は
避けられないだろう。

外国の事例では
ほとんど重症化はしないようなので、
日本経済を止める緊急事態宣言だけは
二度と行わないようにお願いしたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月17日 (金)

群馬で工場クラスター52人

『群馬県は17日、新たに52人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全国で最多だった。このうち30人は、県がすでにクラスター(感染集団)の発生を発表している同県桐生市内の工場従業員の関連で、このクラスターの感染者は累計で48人となった。
県によると、52人のうち少なくとも12人はワクチン未接種だった。山本一太知事は17日の記者会見で「大規模な市中感染が起きている状況ではない」と強調した。』
(読売新聞オンライン 12/17(金) 15:01配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0fce27fcb0460dc547b04489c61844212933dec3

今回も国籍は発表されていないが、
感染者のほとんどは外国籍ではないか。

日本国民は集団免疫が達成されており、
このようなクラスターが発生するとは
考えにくい。

もし、クラスターが発生する状況であれば、
日本の新規陽性者が
これほど少なくなるはずがない。

以前、群馬県でクラスターが発生したときも
そのほとんどが外国籍と発表された。

発生場所が工場ということで、
外国人労働者が多いであろうことは
容易に想像がつく。

日本国内で毎日発表される新規陽性者の中にも、
外国人が多く含まれているのではないか。

もし日本の新規陽性者の多くが外国人であれば、
日本国民のコロナ対策も変わるだろう。

こうした日本国内のコロナ感染状況について
私たちには詳しく知る権利があると思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月16日 (木)

責任問われぬ身元保証人

『不法滞在などで入管施設に収容された外国人の拘束を一時的に解く「仮放免」で、特定の弁護士や支援者5人がそれぞれ身元保証人となった外国人787人のうち、195人が行方をくらましていたことが16日、関係者への取材で分かった。出入国在留管理庁による今年3月までの過去8年間の集計。同種事案は年々増加傾向にあるが、一部の保証人に偏っており、実態解明が求められる。 仮放免は、施設収容者に住居や行動範囲の制限を付けた上で拘束を解く入管難民法上の制度。 関係者によると、5人はそれぞれ平成26年1月~令和3年3月の間、仮放免中の外国人787人の身元保証人となったが、約25%の195人が逃亡し、行方をくらましていた。このうち弁護士1人は、引き受けた分の約4割にあたる19人に逃亡を許していたという。一方、同期間に身元保証人を引き受けた弁護士のうち、7割以上は逃亡者を1人も出していなかった。仮放免中の外国人が犯罪行為に及ぶケースも起きているが、身元保証人は運用上の制度で、逃亡を許した場合でも法的責任を問われることはない。 政府は入管施設外での生活を許可して支援者らが状況を報告する「監理措置」の新設や、逃亡時の罰則といった対策を盛り込んだ入管難民法改正案を、来年の通常国会に提出することを目指している。』
(産経新聞 12/16(木) 20:43配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/22384478ab0d9b4a9e7db7d48611ecf73900b1ce

一部の弁護士などが身元保証人になった
不法滞在の外国人195人が
行方をくらましているという。

身元保証した外国人が
行方をくらました場合でも
身元保証人には何ら
法的責任は問われないようだ。

であれば、身元保証人となり
意図的に外国人を逃亡させるという
ケースも考えられるわけだ。

身元保証を引き受けた弁護士のうち、
7割以上が1人の逃亡者も
出していないのだから、
逃亡者を大量に出している弁護士に
問題があるのは明らかだ。

なぜ、このように明らかな法の穴が
放置されてきたのだろう。

逃亡者を出した身元保証人には
二度と身元保証人になれないなど
ペナルティを科すべだし、
逃亡者が犯罪を起こした場合は
連帯責任を負わせるべきだろう。

195人の逃亡は過去8年の集計というが、
立法府は何をしているのだろう。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月15日 (水)

年間千人以上の子供が行方不明

『警察庁の統計によると全国の行方不明者は年間8万人超。
うち、9歳以下の子どもが1000人強も! 
なぜ子どもたちは突然消えてしまったのか。(後略)』
(週刊女性PRIME 12/13(月) 5:01配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/101a2516f29f90817a9e15e01a2ab89840e9bfe8?s=09

『9歳以下の子どもが1000人強』
も行方不明になっているということだが、
記事ではいまだ発見されていない
2件のケースを詳しく追っており、
1000人がどうなったかについては
書かれていない。

子供がいなくなる原因としては
家出や誘拐など様々なケースが考えられるが、
誘拐の場合はニュースで大きく
報じられるだろうから、
それほど多くはないのだろうか。

と思って他の記事を調べてみると、
2018年に13歳未満の子供が
「略取誘拐」の被害に遭った件数は
110件だったという。
https://koumu.in/articles/201119

日本は世界的にみれば安全な国で、
親は比較的油断しがちであるが、
子供の誘拐は増加傾向にあるようだ。

外国人犯罪が増え、
国のありよう自体が変質する中で、
子供の安全にはこれまで以上の
注意が必要だと思われる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

諸悪の根源は国民の貧困化

今日、虎ノ門ニュースを見ていて、
ゲストコメンテーターの加藤康子さんが
おっしゃっていたのだが、
日本の産業用の電気代は主要国の
2倍以上もするそうだ。
https://www.youtube.com/watch?v=4xIUKIs83CI

モノづくりに必須のものは、
水と電気と人件費らしいのだが、
水はともかく、電気代が諸外国の倍以上で、
人件費も割高の日本でモノづくりをするのは
かなり難しそうだ。

日本は輸出立国のように誤解されているが、
そもそも日本は内需の国で、
政府の誤った経済政策による
失われた30年で経済成長が止まり、
国民が貧困化したことで
国内でモノが売れなくなった。

それで輸出頼みにならざるを
得なくなったのだが、
当時の政府の円高誘導で日本企業は
海外のライバル企業に勝てなくなり、
工場を海外に移さざるを得なくなった。

そして日本のモノづくりは
急速に競争力を失っていったのである。

かつて日本は、家電や半導体など
世界に冠たるモノづくり大国であったのだが、
そのシェアを次々に奪われ、
残された有望産業は自動車だけという状況に
至ってしまった。

今その圧倒的強さを誇る日本の自動車産業を
破壊するために考えられたのが、
CO2による地球温暖化とそれを抑えるための
電気自動車の推進なのだ。

ガソリン車を電気自動車に変えても
CO2削減に大した効果もなく、
そもそも人間が出しているCO2を削減しても、
気温に影響などほとんど与えない。

しかも電気自動車は充電にかかる時間や
充電中の電池の発火など
解決すべき多くの課題を抱えているのに、
早くもできもしないガソリン車の廃止が
取りざたされている。

日本から自動車産業が失われたら、
そこで働いていた労働者の行き場は
なくなってしまうだろう。

日本はデフレ下の緊縮財政により
経済成長をストップさせて、
国民を貧困化させ、内需をしぼませることで
企業に大きなダメージを与えた。

そして、輸出に活路を見出そうとした
企業に対して、円高で競争力を失わせ、
工場を海外に移転せざるを得ない
状況をつくり出した。

そして、今は産業用の電気代を主要国の
2倍以上にすることで、
工場を日本に移すことを妨げている。

これらのことは財務省が中心になり、
意図的に行われている。

これらすべてを解決するには、
財務省が推進する緊縮財政を終わらせ、
政府が積極的に経済成長に
関与することでGDPを拡大し、
国民を豊かにすることである。

国民がお金を使うようになれば、
内需が拡大し、企業は輸出頼みの体制から
転換できる。

新型コロナという未曽有の災厄に遭いながら、
減税や国民全員への現金給付を考えることなく、
18歳以下とか、所得制限とか、クーポンとか、
下らないことを言っているようでは
どうしようもない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月14日 (火)

しばらく五輪はいらない

『東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長がSTVの単独インタビューに応じました。 2030年大会の札幌招致については「バッハ会長の目は札幌に向いている」と述べ、高い評価を得ているという認識を示しました。(後略)』
(STV NEWS 12/13(月) 19:12配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb93206764ad0827062c0af131942b45e6a99db8

世界196カ国ある中で、
東アジアの日中韓が競うように五輪を招致するのは
どうなんだろう?

1964年 東京夏季大会
1972年 札幌冬季大会
1988年 ソウル夏季大会
1998年 長野冬季大会
2008年 北京夏季大会
2018年 平昌冬季大会
2021年 東京夏季大会
2022年 北京冬季大会

まだ一度もやっていない国が多くあるのだから、
少しは遠慮してはどうか?

今回の夏季東京大会も、
コロナ禍の影響を受けただけでなく、
国内の反日勢力に揺さぶられ、
日本の良さを活かした
素晴らしい大会とはならなかった。

国民が一丸となって
盛り上げることができない大会なら
やらない方がいい。

これからは五輪を招致した国が
何らかの事情で開催できなくなった際に
他に開催国が見つからなかった場合、
日本が手を挙げるなどといったことの方が
世界から感謝もされ、
日本らしいのではないか。

とにかく、しばらくの間
日本に五輪を招致するのは
やめにしてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月12日 (日)

海外から21人、東京で13人の陽性者

『厚生労働省は12日、海外から成田、羽田、関西の各空港に
到着した10歳未満~60代の男女21人が
新型コロナウイルスに感染していたと発表した。』
(KYODO 12/12(日) 18:34配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/53ccef697a5617a9e909c7229a4b82dbb3795c30

昨日も書いたけれど、
人口約1400万人の東京で新規陽性者が13人なのに、
海外から到着したコロナ感染者が21人というのは
あまりに多すぎるのではないだろうか。

出発国でPCR検査などによる陰性証明は
受けていないのだろうか。

ワクチン証明は陰性を意味しないので、
ぜひ検査を強化してもらいたい。

オミクロン株を国内に入れないために
水際対策を強化したと言いながら、
これほどの陽性者を迎え入れているようでは
何をやっているのか分からない。

一人コロナ陽性者がいれば、
同じ飛行機に乗っていた人たちは
濃厚接触者になる。

ホテルのスペースだって限りがあるだろうし、
感染を完全に防ぐことは困難だろう。

大切なのは、
コロナ陽性者を入国させないことなので、
もっとまじめに取り組んでもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月11日 (土)

海外から到着の16人コロナ感染

『厚生労働省は11日、海外から成田、羽田両空港に到着した10歳未満~60代の男女16人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。』
(KYODO 12/11(土) 18:25配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/1b8b72bd955adde8d3bca2407abe65e939da6133

東京の一日の新規陽性者数が20人なのに、
海外からの新規陽性者数が成田・羽田両空港だけで
16人というのは多過ぎないか。

オミクロン株に対する警戒のために
水際対策を強化したはずなのに、
新型コロナ感染者が続々と入国してくるのは
なぜなのか。

岸田総理は言ったことをすぐに撤回する
という失態が続いているが、
水際対策の強化は本当に行われているのか。

しっかりしてくれないと
日本国民が大移動する年末年始が
またぶち壊しになる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

新たに8人感染ここが正念場か

『新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」に、日本国内で新たに8人の感染が確認されたことがFNNの取材でわかった。 政府関係者によると、国内で新たに「オミクロン株」への感染が確認されたのは、先月28日から今月7日までに海外から日本に入国した男女8人。 日本国内ではこれまでに、4人の感染が確認されていて、12人の感染が確認されたことになる。 より詳細な情報について、現在、厚生労働省などが調査中だが、関係者によると、アメリカなど複数国からの入国者である可能性があるということだ。 また関係者によると、いずれも空港検疫で感染が発覚したという。 オミクロン株をめぐっては、これまで日本国内で、ナミビア人の外交官の男性、ペルーに滞在歴がある20代の男性、イタリアに滞在歴がある日本人男性、ナイジェリアに滞在歴のある50代男性の合わせて4人の感染例が報告されている。』
(FNNプライムオンライン 12/10(金) 15:21配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e538dc6794dfa1fe0035bfd653682df49000c5c

「オミクロン株」の感染者が新たに8人
空港検疫で発見されたようだ。

水際で食い止められるかどうかの
今が正念場だと思われる。

専門家の中に、水際対策などやっても
どうせ入ってくるのだから意味がない
というような人がいるが、
はたしてそうだろうか?

中国広東省で発生し、
世界32カ国で発症者を出したSARSは
日本には入ってこなかったし、
新型コロナにしても
しっかりした水際対策を採っている台湾では、
感染をほぼ押さえ込んでいる。

水際を突破されてしまえば、
それこそ個々が衛生管理を徹底するくらいしか
対策はなくなるだろう。

外国人の入国を禁止するというのは
どうなっているのだろう?

8人の感染者の国籍はどこなのか、
公表されるのだろうか?

最初の4人の感染者にしても
ナミビア人の外交官の男性、
ペルーに滞在歴がある20代の男性、
イタリアに滞在歴がある日本人男性、
ナイジェリアに滞在歴のある50代男性と、
ナミビア人と日本人以外は
国籍を公表していない。

過去のユルユルの水際対策では、
逆に迎え入れているかのような
感じすら受ける。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月10日 (金)

こんなこと今ごろ言ってるの?

『日本人の約6割にある白血球の型「HLA-A24」を持つ人は、風邪の原因となる季節性コロナウイルスに対する免疫細胞が、新型コロナウイルスの感染細胞も攻撃するという実験結果を、理化学研究所のチームが発表した。英科学誌コミュニケーションズ・バイオロジーに論文が掲載された。理研の藤井真一郎チームリーダーらは、日本人に多いA24を持つ人で、ウイルスに感染した細胞を排除する免疫細胞「キラーT細胞」の働きを調べた。その結果、この型を持つ人のキラーT細胞は、季節性コロナと新型コロナで、共通する部分の分子に反応することがわかった。キラーT細胞には、こうした特徴を記憶する働きがある。過去に季節性コロナに感染した人が、新型コロナに感染すると、体内で眠っていたキラーT細胞が速やかに増え、感染細胞を排除している可能性があるという。(後略)』
(読売新聞オンライン 2021/12/09 22:30)
https://www.yomiuri.co.jp/medical/20211209-OYT1T50227/

東アジアの民族は、土着コロナに長年さらされてきたので、
新型コロナにも感染しにくく、重症化もしにくい。

こんなことは大阪市立大学の井上正康名誉教授が
早くから指摘されていたことだ。

国内最大のコロナ流行となった第5波が
急激に収束したことに対しても、
多くの無能な専門家たちがその理由を明らかにしないが、
これも日本国民にデルタ株の集団免疫が
達成されたとしか考えようがない。

ワクチンの効果に言及する人もいるが、
それならなぜ欧米ではその効果が現れないのか
説明がつかない。

ワクチンのおかげで重症化を防げた
という人もいるが、
感染力が強くなれば毒性が弱まるのは
感染症に共通する特徴だ。

実態を明らかにしないことで恐怖を煽り、
行動を制限し、ワクチンを打たせるなどということは
いいかげんにしてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月 8日 (水)

国内4例目も外国籍か?

『厚生労働省は8日、ナイジェリアから4日に入国した50代男性から新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が検出されたと発表した。空港検疫で判明した。国内での確認は4例目。男性は医療機関で隔離されているという。厚労省によると、男性はカタールの首都ドーハでの乗り継ぎを経て、成田空港に到着。入国時の検疫でコロナ陽性と判明したため国立感染症研究所が全遺伝情報(ゲノム)解析した結果、オミクロン株への感染が分かった。男性は無症状で、10月に米ファイザー製ワクチンを2回接種していたという。ドーハから男性と同じ便に乗った103人は、いずれも検疫時はコロナ陰性で、自宅などで待機している。厚労省は全員を濃厚接触者と見なし、宿泊施設へ移るよう促すほか、健康管理を継続する。』
(JIJI.COM 12/8(水) 19:02配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/a22b21ff9791259950fc18d8c2b7c975afa279c8

今回のオミクロン株の陽性者も
厚労省は国籍を公表しなかったようだ。

3例目を日本国籍と公表したのだから、
公表しないということは外国籍なのだろう。

これまでの4例すべてがワクチン2回接種者で、
オミクロン株にはワクチンは効かないようだ。

これからコロナウイルスは
オミクロン株に置き換わっていくというのに、
効かないワクチンを打ち続けるのだろうか?

重症化を防ぐという話も
かなり怪しい。

今日は米国のABCニュースで、
家族4人がコロナウイルスに感染し、
ワクチン接種の2人は発症せず、
ワクチン未接種の2人は入院中
というのをやっていた。
(入院中の映像はもちろんない)

発症しなかった家族の1人が、
米国民にワクチンを接種するように
訴えていた。

こういうミクロのケースを取り上げても、
何の証明にもならない。

マクロの視点で、
ワクチン接種者と未接種者の発症割合を
比較してこそ意味がある。

そういうこともしないで、
印象操作によって安全性が確認されてもいない
ワクチン接種を推奨するのは
無責任としか言いようがない。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月 7日 (火)

不完全なニュース

『今年9月、東京・豊島区の公園で帰宅途中の20代の女性に性的暴行を加えたとして強制性交の疑いで逮捕されたパキスタン人の男性(50)について、東京地検は6日、不起訴としました。不起訴の理由は明らかにしていません。』
(TBS NEWS 12/6(月) 20:33配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0b3158e0e9d1d526c3bcacef228f253031ed828

以前から不思議に思っていたのだが、
こういう不完全なニュースが
なぜ通用しているのだろう?

① 女性がレイプされた
② 男が逮捕された
③ 地検は男を不起訴にした
④ 理由は不明

読者には「なぜだ?」と
モヤモヤした気分しか残らない。

「地検はなぜ男を不起訴にしたのか」
という読者が最も知りたいことが
書かれていないのである。

なぜ書かないのかということも
書かれていない。

これでは何も分からない。

こんな不完全なニュースを書いていて、
プロとして恥ずかしくないのかと
不思議に思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月 6日 (月)

オミクロン株日本人初感染

『厚生労働省は、イタリアから入国した30代の男性が新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」に感染していたと発表しました。国内でオミクロン株が確認されたのは3例目です。 後藤茂之厚労相 「本日、入国時の検査で陽性が確認された海外からの入国者について、オミクロン株であることが確認されました。(国内で)3例目の検出事例になります」 国内で3例目の「オミクロン株」への感染が確認されたのは、今月1日、イタリアから羽田空港に到着した30代の男性です。政府関係者によりますと、男性は日本人だということです。男性は空港の検査でコロナの陽性が判明し、厚労省は、国立感染症研究所で「オミクロン株」かどうか遺伝子解析をしていました。男性は今年8月までにモデルナのワクチンを2回打っていて、空港に到着した時は無症状だったということです。厚労省は男性と同じ飛行機に乗っていた乗客41人を濃厚接触者と認定し、今後、健康観察などの対応にあたると発表しました。このうち1人が空港の検疫で陽性が確認されていましたが、遺伝子解析の結果、「オミクロン株」ではなかったということです。』
(TBS NEWS 12/6(月) 18:35配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/dbaf1c53d15c9597484293ddcfeee803998cfab3

2人目のオミクロン株感染者の国籍を
厚労省が明らかにしなかったことを強く批判したのだが、
それはオミクロン株が日本人にも感染するかどうか
早く知りたかったからである。

そもそも日本人は新型コロナウイルスに感染しにくい。

それは日本国民が以前から
東アジア特有のコロナ風邪に晒されてきたからだし、
デルタ株にも集団免疫ができた今、
それでもオミクロン株に感染するのか
ということに注目していたからだ。

まあ上記の記事で、
日本人もオミクロン株に感染することが
確かめられたわけである。

オミクロン株の感染確認のニュースで、
国籍とワクチン接種回数は必須だと思う。

上記の記事でも、世界のニュースでも、
ワクチンを2回接種した人が
次々にオミクロン株に感染しており、
今のワクチンがオミクロン株の感染予防に
全く効果がないことが明らかになった。

僕はワクチンが重症化を防ぐということも
全く信じていない。

ワクチン接種が大きく進んだ今年、
米国のコロナ死者数が昨年を上回るなど
重症化を防ぐということが
データで裏付けられていないからだ。

海外のニュースでは
重症化した人はワクチン未接種の人ばかり
というような報道をしているが、
彼らは平気で嘘をつくのである。

「お天道様が見ているから嘘をつくな」
などと教えられるのは日本人だけで、
お隣の国や世界の国々では
「だまされるな」と教えられるのが
普通なのだ。

米国で最も重要な選挙である
大統領選で不正があって、
バイデンが米国大統領になったが、
彼らにとって「不正をしたかどうか」ではなく、
「誰が大統領になったか」が
重要なのである。

「CO2が地球を温暖化させている」
という壮大な嘘も、
だまされる方が悪いというのが
彼らの常識なのだ。

日本国民は、信頼できる情報を集め、
自分の頭で考える習慣をつけないと
悪賢い奴らに騙され続けることになる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月 5日 (日)

中国人留学生は何しに日本へ?

『訪日外国人向けの消費税の免税販売制度について、政府・与党は、外国人留学生らを対象から外し、観光客などの「短期滞在者」に限る方針を固めた。免税品を消費税込みで転売して利ざやを稼ぐ行為や、国内での消費を防ぐことが目的だ。2022年度の与党税制改正大綱に盛り込む。
消費税は、国内での消費や資産譲渡に課される。免税販売は、商品を海外に持ち出す場合に消費税を免税する制度で、現行法では、日本で就労する人を除き、留学生らの長期滞在者でも入国から半年間に限って免税購入が認められている。(中略)
関係者によると、今年6月までに全国の免税店約3万店から約2万6000人・約400億円分の購入記録が国税庁に送られた。100万円超の免税購入を行っていたのは1837人で、8割以上が留学生などの中国人。1億円超は69人で、最高額の中国人客は計約3万2000点の免税購入で12億円分を超えていた。
(読売新聞オンライン 12/5(日) 5:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdcf3fd38fdc3bc4e6b949981e2a52ccf3cfd700

『免税販売が、商品を海外に持ち出す場合に
消費税を免税する制度』であるなら、
長期滞在する留学生や技能実習生に免税購入を
認めていたこと自体が問題である。

それにしても100万円超の免税購入を
行っていた1837人のうち、
8割以上が留学生などの中国人だったようだが、
中国人留学生というのは何をするために
日本に来ているのだろう?

免税購入以前に、
中国人留学生の存在そのものに
メスを入れるべきではないか?

学生の集まらないポンコツ大学を助けるために、
怪しげな留学生をかき集めるなどということは
もうやめるべきだ。

ポンコツ大学もムダ、
外国人留学生もムダ、
文部科学省もムダ、
ムダなものが支え合って、
法律の抜け穴で蠢いている。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月 4日 (土)

岸田の言動は意味不明

『岸田文雄首相は4日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の水際対策強化で、施設待機3日間の対象国から来た一部入国者について、自宅などでの待機に切り替えたことに関し「限られた医療資源を、オミクロン株に集中させるため」と説明した。訪問先の福島県会津若松市で記者団の質問に答えた。(後略)』
(産経新聞 12/4(土) 17:00配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0fcbf4cd9de8330d023f5c583354f22a8fe8888d

『施設待機3日間の対象国から来た一部入国者について、
自宅などでの待機に切り替えたこと』と
『限られた医療資源を、オミクロン株に集中させること』に
何の関係があるのだろう。

自宅での待機など守られる保証はないし、
家族などへの感染の危険性は考慮しないのだろうか?

僕は基本的に、都道府県の首長が、
「オミクロン株感染拡大」を理由に
緊急事態宣言を発出しないことを約束するなら、
別に水際対策などしてもらわなくて構わない。

「オミクロン株感染拡大」を理由に
効かないワクチンを接種しろと騒がないなら、
何もしなくていいと思う。

「感染拡大」は「緊急事態宣言」と「ワクチン接種」が
セットになっているのが問題なのである。

新型コロナ程度のウイルスなら、
放っておけば自然に拡散し、
集団免疫が達成されたところで
自然に収束していく。

人の移動を制限し、経済活動を停滞させることや、
ワクチン接種により健康に悪影響を与えることが
問題なのである。

岸田総理が発言をコロコロ変えることで、
国民が抱く政治に対する不信感、
世界が抱く日本への不信感も
大きな問題だと思う。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月 3日 (金)

小池知事は何がやりたいのか?

『東京都は3日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に対応した独自の検査手法を都健康安全研究センター(新宿区)が開発し、スクリーニングを始めたと発表した。1日程度でオミクロン株の疑いを判別でき、ゲノム解析で確定する。小池百合子知事は同日「変異株を迅速に把握し、市中の感染状況をしっかり監視する」と述べた。
都によると、独自検査はオミクロン株が持つ主な二つの変異を判別でき、濃厚接触者らへの早期対応に役立てられる。今後、国立感染症研究所や民間の検査機関と情報共有する。また濃厚接触者の待機場所として、宿泊療養施設を約3400室確保する考えも明らかにした。』
(KYODO 12/3(金) 17:45配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/89268106b5e418d1de9b942bb4c92593f8d711b8

東京都の小池知事が『「オミクロン株」に対応した
独自の検査手法を開発し、スクリーニングを始めた』
というが、その目的は何なのだろう?

検査をガンガンやって、
いち早く「オミクロン株」の陽性者を見つけ、
お得意の「緊急事態宣言」を発出したいのか、
それとも単に目立ちたいだけなのか、
とにかく、はしゃぐのはやめてもらいたい。

「オミクロン株」は世界12カ国で
市中感染が確認されたようだが、
日本人の感染者はまだ一人も
確認されていないのだ。

小池知事は「オミクロン株」の拡大を防ぐため
という理由だけで「緊急事態宣言」を
発出しかねない。

これまでだって、リバウンドの可能性だけで、
「緊急事態宣言」を発出し続けてきたのだ。

必要以上に騒ぎ立てるのは
もうやめてもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

ペルーからの感染者国籍公表せず

『厚生労働省は1日、ペルーから入国し、空港検疫で新型コロナウイルス陽性が判明した20代男性から、変異株「オミクロン株」が検出されたと発表した。国内で確認されたのは2例目。男性は入国後隔離され、現在は医療機関に入院している。
厚労省によると、ペルー国内でオミクロン株が確認されたとの情報はないという。同省は男性の国籍を明らかにしていない。(後略)』
(JIJI.COM 2021.12.1)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120100872&g=soc

ペルーから入国した感染者の国籍を
厚労省はなぜ明らかにしないのだろう?

ナミビア人外交官が感染者と判明したときも
一部の新聞ではナミビア駐在の日本人外交官なのか
駐日ナミビア人外交官なのか
分かりにくい書き方だった。

感染者の国籍がどこであるかは
重要な問題である。

例えばペルーから入国した感染者が
日本人でないとすれば、
いまだオミクロン株に感染した日本人は
いないことになる。

デルタ株に対しては集団免疫が獲得され、
日本人の感染者はわずかとなった。

その日本人にもオミクロン株が感染するかどうかは
今後の対策を考えるうえでも重要だろう。

なぜ、そんなものを隠す必要があるのか?

厚労省が何を心配し、
何者の指示を受けているのか知らないが、
日本国民にとって重要な情報なのだから
速やかに公表してもらいたい。

 

応援のクリックをお願いします。

 

2021年12月 1日 (水)

オミクロン水際対策の嘘

『新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が国内で初確認されたことを受け、千葉県の熊谷俊人知事は1日、「初確認されたオミクロン株の感染者と同じ飛行機に乗っていた約70人のうち、約10人が県内に滞在している」と明らかにした。県内約10人の濃厚接触者の検体を速やかに採取し、陽性が判明する前にゲノム検査を行うよう指示したと説明。「緊張感を持ち特別な対応を続けていく必要がある」と危機感を示した。県は濃厚接触者約10人と同居家族に順次連絡を取り、宿泊療養施設に移るよう要請している。
(千葉日報 12/1(水) 12:33配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b28079e47299ec90e6118736b2ffaad41aec9037

11月26日の政府発表では、
南ア・ナミビアなど6カ国を訪れた日本人らに対し、
帰国後、待機施設で10日間の待機を求める
ということだった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/785ca622a40dd95f1fb14b6e498633025c54a82a

27日の午前零時から実施されているはずなのだが、
上記記事ではナミビアからオミクロン感染者と同乗していた
千葉県内10人の濃厚接触者に連絡を取り、
宿泊療養施設に移るよう要請しているのだという。

僕はナミビアからオミクロン感染者と同乗していた人は、
自動的に宿泊施設で10日間の待機生活に入ったのかと
安心していたのだが、
みんな自宅に帰っていたのだろうか?

もし、そうだとすると、
航空機に同乗していた濃厚接触者の中から
オミクロン株の感染者が発見されたら、
さらに家族や近所の人たちへと感染が
広がっている可能性がある。

今回はスピーディに水際対策が強化されたことで、
急激に国内に広がる心配はないと思っていたのだが、
発表されたことが実行されていないとすれば、
安心など全くできない。

岸田総理は、関係者に根回しや指示をしたうえで
発表しているのだろうか?

ペルーからの入国者に
2人目の感染者が見つかったというニュースもあり、
オミクロン株を国内に広げないために
今が最も重要な時期と思われるのだが、
こんないい加減な水際対策では
心細い限りだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »