フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 新型コロナ騒動の正しい終わらせ方
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« オミクロン株で重症者増加の謎 | トップページ | いつまで陽性者数で騒ぐのか? »

2022年1月25日 (火)

人流抑制も人数制限も効果なし

『岸田文雄首相は24日、政府の新型コロナウイルス対策について議論する基本的対処方針分科会の尾身茂会長が新たな変異株の「オミクロン株」に有効なのは「人流抑制ではなく人数制限だ」と述べたことに関し、「人数制限も大事だが、地域の実情に即した人流抑制も有効だ」と述べた。官邸で記者団の取材に答えた。』
(産経ニュース2022/1/24 20:07)
https://www.sankei.com/article/20220124-DXELTWK3VVOFPK4RGLEKVTV4YE/

今回の「人流抑制ではなく人数制限」
という変節によって、尾身茂という専門家が
いかにいい加減な発言を繰り返してきたかが
明らかになった。

尾身氏は「人数制限」に効果があるからではなく、
これまで行ってきた「人流抑制」が効果的という
エビデンスが得られなかったから
突然主張を変えたのである。

もし「人流抑制」に効果があったなら、
これまで強く主張してきたことを
否定する必要などないはずだ。

そもそも「人流抑制」も「人数制限」も、
その目的はコロナの感染拡大抑制ではなく、
コロナ騒動を過大に騒ぎ立て、
日本経済を停滞させるためではなかったか。

コロナが重症化しないオミクロンになっても、
ペストやエボラ出血熱なみの指定感染症2類相当
(1類扱い)を変えようとしない専門家が
日本のコロナ騒動の主犯と言っていい。

インフルエンザのように、
体調が悪くなったら気軽に医師に
診察してもらえることが
コロナの真の解決策であることは
僕のような素人にもわかる。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« オミクロン株で重症者増加の謎 | トップページ | いつまで陽性者数で騒ぐのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オミクロン株で重症者増加の謎 | トップページ | いつまで陽性者数で騒ぐのか? »