フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 新型コロナ騒動の正しい終わらせ方
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« それでもワクチンを打たせる不思議 | トップページ | 12歳未満にワクチン接種のなぜ? »

2022年1月10日 (月)

レジ袋禁止がCO2を増加させる

『上流思考──「問題が起こる前」に解決する
新しい問題解決の思考法』という本の中で、
「レジ袋」「紙袋」「エコバッグ」の3つの環境負荷
について比較している。

『それら(紙袋とエコバッグ)はレジ袋より嵩も重さもあるので、製造と輸送にずっと多くのエネルギーを消費し、炭素排出量が増える。イギリス環境省は、さまざまな種類の袋を1回使用するごとの環境負荷を算出し、紙袋なら3回、綿のエコバッグなら131回使わなければ、レジ袋よりもエコにならないとしている。おまけに紙袋やエコバッグの製造過程は、レジ袋に比べて大気や水質を汚染する物質の排出が多い。レジ袋に比べてリサイクルもずっと難しい。(後略)』
(DIAMOND online 1/7(金) 6:01配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ad259adc96e5b979e86bdc0e28f634b1c22e499

さらに言えば、
綿のエコバッグは繰り返しの使用により、
食品から出る液体、食べ物カスにより
雑菌の温床となるし、
紙袋は繰り返しの使用に適さない。

つまり環境問題というのは単純ではない
ということだろう。

例えば、クリーンエネルギーとされる太陽光発電も、
山間地を削るなど設置の際の自然破壊や、
雨天や降雪などによる発電効率の悪さ、
廃棄処分に伴う環境負荷などを考慮すると、
とてもクリーンとは言えない。

環境問題では、拙速で浅はかな考えにより、
却って環境負荷を増やしている事例が
多いように思われる。

もはや太陽光発電などは
日本中の山間地に敷き詰められ、
将来大きな問題になることが想像される。

政策決定者には、上記の本のタイトルの通り、
『「問題が起こる前」に解決する思考法』が
求められるだろう。

つまり、何か新しいことを始めようと思ったら、
よく考えなさい、ということだ。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« それでもワクチンを打たせる不思議 | トップページ | 12歳未満にワクチン接種のなぜ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« それでもワクチンを打たせる不思議 | トップページ | 12歳未満にワクチン接種のなぜ? »