フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« ただの風邪にまん防延長の滑稽 | トップページ | コロナ死者10人の真実 »

2022年2月 4日 (金)

カナダで韓国キムチをリコール

『(前略)カナダ食品検査庁(CFIA)は、ブリティッシュコロンビア州など4カ国で販売された製品が大腸菌に感染した可能性があると警告し、リコール措置を断行したと先月28日、明らかにした。リコール対象はブリティッシュコロンビア州などで販売されたティブラーダーズフード&トレーディング社(T-Brothers Food & Trading)が流通した製品名「韓国キムチ」だ。(中略)該当製品で腸出血性大腸菌(O.Coli O157:H7)に汚染された可能性が発見されたため。「O.Coli O157:H7」は血清型細菌種であり、毒性を有する大腸菌である。酷い場合は発作や脳卒中、腎臓に永久的な損傷を与える可能性がある。カナダでのキムチのリコールは今回が初めてではない。CFIAによると、2019年5月にハンガサで流通した「ファーストチョイス」ブランドのキムチがカビのためにリコールされた。その他にも、2014年2件 、2017年1件、2018年3件 、2019年3件のリコール例がある... (略)
(ツイッター速報 2022年02月04日)
https://tsuisoku.com/archives/58981029.html
引用元ソース
(コリア・エコノミクス 2022年2月4日)
https://korea-economics.jp/posts/22020403/

カナダで「韓国キムチ」から腸出血性大腸菌
「O.Coli O157:H7」が検出され、
リコール措置が取られたという。

『酷い場合は発作や脳卒中、腎臓に永久的な損傷を
与える可能性がある。』というから恐ろしい。

カナダでのキムチのリコールは、2014年2件 、
2017年1件、2018年3件 、2019年3件発生しており、
カナダよりはるかに大量のキムチを輸入している日本で、
同種のことが起こらないはずがない。

ネットで調べると、NEWS ポストセブンの
『キムチ、魚介類など日本に輸入された韓国産食品の
「違反事例リスト52」に詳しい。
https://www.news-postseven.com/archives/20210913_1689275.html?DETAIL

そういえば、少し前にEUに輸出された
「農心」の「辛ラーメン」から基準値超えの有毒物質
「2-クロロエタノール」が検出された
というニュースもありました。

くれぐれもご注意を。

 

応援のクリックをお願いします。

 

« ただの風邪にまん防延長の滑稽 | トップページ | コロナ死者10人の真実 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ただの風邪にまん防延長の滑稽 | トップページ | コロナ死者10人の真実 »