フォト

おすすめ本

  • 日本を蝕む新・共産主義
  • 誰が第二次世界大戦を起こしたのか

« 副反応が強いと効果が高まるは本当か? | トップページ | ロシア軍ウクライナ首都に迫る »

2022年2月24日 (木)

コロナを煽り続けたい人々

『「ステルスオミクロン」とも呼ばれているのは「オミクロン株」の亜種とされる「BA.2」というタイプのオミクロン株です。 この「BA.2」はそれまでのオミクロン株「BA.1」に比べると感染力が強いとされていて、人工的に作成されたウイルスを使った動物実験の結果では「1.4倍」という結果も出ています。 また「BA.1」と比べて肺でもウイルスが検出されたことも特徴で、「肺炎の可能性」「病原性の高さ」についても、その可能性があるそうです。今後主流になることは間違いないとの見方もある「ステルスオミクロン」について、今わかっていることを専門家にききました。』
(TBS NEWS 24日19:08)
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c8ba20a32d14cea7f83cd0d9768debd8d141cd1

『感染力が強いとされていて』とか、
人工的に作成されたウイルスを使った
動物実験の結果では』とか、
『肺炎の可能性』とか、
不確かな情報を根拠に次のコロナ騒動を
煽り続けようとするのは
いい加減にしてもらいたい。

「ステルスオミクロン」が流行するとすれば、
先にオミクロンが収束した南アや米国、
英国をはじめとした欧州各国で
流行が始まるだろう。

『今後主流になることは間違いないとの
見方もある』という表現は、
ちょっと苦しすぎるのではないだろうか?

 

応援のクリックをお願いします。

 

« 副反応が強いと効果が高まるは本当か? | トップページ | ロシア軍ウクライナ首都に迫る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 副反応が強いと効果が高まるは本当か? | トップページ | ロシア軍ウクライナ首都に迫る »